FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

入院

先日、某病院に4日ほど入院した。まあ命に関わるような事情はなく、そう急ぐわけでもなかったが、いずれするならということで踏み切った次第。ただ入院するという経験自体が、自分にとっては初めてに近いもので、行く前には多少ワクワクした。入院中に読む本をいろいろ考えるのもなかなか楽しい経験だった。

初めてに近い経験と書いたが、実は昔一度だけ入院の経験がある。小学校1年か2年生のときのことで盲腸ではないが、同じような手術での入院だった。一ヶ月くらい入院したような記憶があるが、ちょっと大げさすぎるようにも思う。年齢が年齢だから、記憶がいつか増幅してしまったのかもしれない。

ただ、そのときのことで鮮明に覚えている記憶がある。それは「日の丸」という少年漫画雑誌を読んだこと。鉄腕アトム、鉄人28号、忍者影丸などが掲載の「少年」という一番人気の月刊詩は多分読んでいたが、「日の丸」となると書店で並んでいるのは見ていても、お小遣いの関係で読んだことはなかった。それを入院という特別な理由で買ってもらえたのだった。

なぜそんなに覚えているか自分でも不思議なのだが、その号の冒頭に掲載されていた漫画が雑誌と同じ名前の少年が主人公で、すごく細長く背の高い体型の子どもなのだが、その子が通学途中、その日の朝食で、お母さんに目玉焼きを二つ(三つ?)も作ってもらえて平らげたことをすごく喜んで自慢しているのがとても印象的で、そのシーンを今でも覚えているのだ。卵がぜいたくという感じが自分には不思議で、新鮮に思ったからかもしれない。思えば、まだ市場に行くと、手回しの楽器で軍歌を流す包帯と軍服姿の傷痍軍人たちの姿を見ることがあった。戦後15年以上過ぎていたが、大人の人たちには、まだ傷跡や貧しさの記憶がしっかりと残っていたのだと思う。

今調べてみると、たしかにそういうような漫画があり「日の丸くん」というタイトルだった。でも雑誌自体は1963年2月で休刊になっている。その時点で私は七歳になったばかり。おそらく自分が読んでまもなくのことだと思う。

さて現在に戻ると、今回の入院で最初に読んだのは、前から読みたいと思っていて今回の入院に向け買っていたノーベル賞のカズオ・イシグロ氏の『日の名残り』。いい小説だったと思うが、結局、読了できたのはこれだけ。あと古代ギリシアの「イリオス」など、こういう時でないとなかなか読めないと思う分厚い文庫本を数冊持っていったのだったが。

久しぶりの京都

この前の祝日の月曜日に久しぶりに京都へ行ってきた。

目的地は観世会館。若手の能楽師 林宗一郎氏が復活?した、岡山は備前の国が舞台の「吉備津宮(きびつのみや)」を観に行ったのだ。はるか昔、おそらくはまだ吉備国の威勢が大和朝廷に匹敵するほどだった時代にできたと思われる古代の鬼退治伝説を主題とした物語能。

公演前半では東大の先生が舞台に上がり、復活にいたる今回の顛末からはじまり、物語の内容や背景などについて、かなり詳しい講演があった。それだけでも十分なくらいの中身の濃い内容で、なかなか面白かったが、なかでも、7.8年前に読んでとても印象深くて記憶に残っている中沢新一氏の「精霊の王」という本のことまで出てきて、「桃太郎伝説の深層」という今回の公演の副題がようやく腑に落ちた。

能自体も、とても面白く拝見したが、舞が多くて派手な印象。途中には、今回の内容からはずれてしまった吉備津神社の「鳴釜」の神事についての狂言まではさまり、かなり盛りだくさんの内容だった。少し説明がくどかったという感想もあるが、ご本人も言われていたように、これから時間をかけて内容も整理されていくのだろうと思う。

岡田以蔵の刀痕

上は、帰りに先斗町(ぽんとちょう)で飲んでから、帰り際に見せてもらった幕末の岡田以蔵の刀痕。確か土佐藩の脱藩浪人で、「人切り以蔵」という異名があったことくらいは私も知っているが、経歴などそれ以上の詳しいことはほとんど知らない。木屋町と先斗町の間の長屋の狭い路地にあり、知る人ぞ知るというようなものでも、最近見に来る人が増え、困った家主が路地入口に鍵をつけてある。それを特別に見せてもらったのだ。

古代の「鬼」のお話から幕末に実在した「鬼」へと、久しぶりの京都は深層世界の旅になった次第。

追伸
ここまで書き終えたのが昼の2時過ぎだが、そうしたらニュースが二つ飛び込んできた。
一つはオリンピックのフィギュアスケートの結果。復活した羽生(はにゅう)君が見事金メダル!日本には初めての金で、ようやくという感じだし、宇野君も二位に入ったとのことで、とにかくめでたい。
もう一つは将棋で、こちらの羽生(はぶ)氏の方は負けてしまったが、勝ったのが中学生の藤井君!これもすばらしい。
ということで、記念に付記しておく次第です。

今年も終わり

いよいよ、今年もあとわずかになった。恒例のしめくくりを

報道で一番印象に残るのはトランプ氏の顔だろうか。嫌と言うほど見せられたように思う。やかましく人騒がせというのは別として、確かに世界の潮流を大きく変えつつある。ただ無理も大きいように思うので、来年はどうなるだろうか。とりあえず賛同はあまりできないが、彼が出てきたことについてはヨーロッパの情勢といいそれなりの理由はあるように思う。

アメリカ建国時の、一時は世界を制覇したプロテスタンティズムの倫理と価値観がここにきて大きく力を失ってきたのだろうか。でも現代中国の持つ倫理ではそれに代われるわけもないし、イスラムにも自由と啓蒙はもとより、何より均衡と秩序が足りなすぎる。中東が第一次大戦時の火薬庫みたいになってきたが、欧米がやっかい払い?に強引に移植したイスラエルが、問題の困難さをさらに複雑にしている。エホバ?とアラーとキリストの父の三つ巴。時代が違うだけでおんなじ一つの神様のはずなのだが。

さて日本では九州北東部の豪雨がひどかった。前年の熊本地震の報道とも記憶が混ざってしまい、いたましい印象が強い。

明るい方では将棋での中学生の藤井君の活躍が印象に残る。年末にもう1人中学生活躍のニュースを聞いて忘れてしまったが、中学生というのが印象的。おそらくはまだ思春期の渦中だからだ。精神的激動の時代の現れのようにも思った。

仕事では、本当にいろいろとあったと思うが、結局は表立って書くことがあまりないようなのは残念だった。
来年に期待しよう。

さてここまではバッハのカンタータを聴きながら書いた。80番と147番。リヒター指揮のミュンヘンバッハ。とくに80番のフィッシャー・ディスカウの歌声は何度聴いてもすばらしいと思う。
続きはまた明日に。

桜モミジ 2017

サクラモミジ2017
今朝のウォーキングで撮った写真。大阪城公園に森之宮から入って直進したところの、東外濠沿いに並ぶ桜のモミジ。

実は、ここしばらくウォーキングはご無沙汰。仕事の大きな山場があったのと、少し体調を崩したりして一ヶ月近く休んでいた。だから今日は東外濠手前で左に折れて階段を登るショートカットのつもりだったが、この紅葉の鮮やかさに引かれてそのまま濠沿いに青屋門まで行くことにしたのだった。

もう一つ、久しぶりで気になっていた水鳥たちのこともあった。この東外濠には、まず南に2羽のオオバンがいて、戻ってきているのを確認。中ほどにも3羽のオオバンと、4羽の多分カルガモが浮かんでいた。ここはそれだけだったが中の青屋門に入る坂の向こうの北外濠には、手前に数羽のオオバン、はるか向こうに10羽ほどのこれも多分カルガモたちが見えた。どうやら今年の第一波が帰ってきたところのようだ。

青屋門をくぐって東の内堀に入ると、右手、天守閣へ入る極楽橋のたもとにやはり20羽ほどのカモがいた。

自分は反対側の左に折れ、梅林沿いの坂を登り、玉造口から出たところの南の外濠には一羽のカモ、ずっと西の向こうにも数羽いるのが見えた。あとよくカワウがいる石垣のふもとのところにも小さな鳥が数羽いたが、石垣をよじ登って羽根を広げるようなことをしていたので、おそらくカワウの子ではないかと思う。親鳥は見えなかったが、餌でもとりに出かけたのだろうか。

桜モミジは今が盛りのようで、場所によっては見事に染まった落葉で地面全体がおおわれていて見事だった。きれいなのを数枚よってポケットに入れ、家へのおみやげにした。

迷子の思い出

先日、差し迫った速達の小包を出しに事務所からタクシーで夕陽丘の天王寺郵便局まで行った。すでに夕方だったので仕事は切り上げて歩いて帰ることにし、途中の上六のビルでたまに行く居酒屋に入った。重層のショッピングモールの地階にある店だが、飲んでいるとビルのアナウンスが流れ、迷子の幼児のことだった。幼稚園児くらいの女の子らしい。しばらくしてもう一度流れたが、今度は名前も含めたアナウンスだった。

それで思い出した自分の記憶。

もう二十年ほど前になるだろうか。家族4人で家内の故郷の石巻に行ったとき、途中の仙台の駅ビルだったかのショッピングモールを歩いていて、ふと気がつくと長男がいなくなっていた。まだ幼稚園か小学校に入ったばかりだったか。家内が血相を変え、年は上の長女も含めみんなで探しだしたのだが、あとは自分の記憶にない。

まあそのときのことを思い出し、アルコールのせいもあるのか、何ともなつかしい気分になったのだった。帰って家内に聞くと、探し出してまもなく違う階のところで見つかり、本人はケロッとしていたそうだ。

さて最初に書いた迷子は、私が少しして店を出て帰ったのでその後は知らないが、親の心配を思うとすぐに再会できたと思いたい。自分にもあの記憶は予想外に残っていた。そして自分の子どもたちの迷子はそれっきりで、ほかに覚えがないが、それはそれで一つの美しい小包のようになって今の自分に届けられた。意外に深いところの記憶として、大事に残っていたように思う.。もちろん本人は覚えていないだろうが。