FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

2017大晦日

昨日の続きを。
昨年末は、最後まで本当に仕事に追われて大変だったが、今年は穏やかな年末年始になりそうだ。まあ去年が異常だった。

さて仕事としている建築での話題を。春に見学に行った愛媛県は八幡浜の日土(ひつぢ)小学校と、夏に行った奈良の旧少年刑務所が群を抜いてすばらしかった。ともに古く、前者は私の生まれたころの建築だから築60年ほど。後者の刑務所はもっと古く、明治41年(1908年)竣工というから110年ほど前だ。

日土小学校は、ずっと以前から何となく知っていたものの、四国の瀬戸内海側というだけでどこにあるかもよく知らなかったが、いろいろ偶然が重なって場所も知り、思い切って出かけてきた。戦後の木造建築では最初の、国指定の重要文化財。何より近年大改修を受けた後も、小学校として使われ続けているのがすばらしい。だから普段は入れないが、年に3回見学会を催していてそれに行ってきたのだ。

建築は日本的洋風木造とでも言ったらいいだろうか。全体がペンキ塗り。当時はすでに、おそらく木造など古くさく、耐震防火の面から施設ではRCや鉄骨が主流になりつつあったと思うが、その時代に、ほぼ純木造で工夫を重ね、地元の大工と木材を使ってこれだけの規模の建築を作り上げたことは本当に見事だ。さらにディテールにまでこだわりが強く感じられ、各所でアイデアにあふれているところが一番すばらしかったと思う。

奈良のも重要文化財指定を受けた建物だが、刑務所として廃止されたのを受けて、新たな用途を募ってホテルへの改修が決まっている。それで最後の見学会と銘打ったものに応募したのだった。まあ以前から見たいとは思っていた建物だが、申し込んだ見学会ははずれであきらめていたら、人気が高かったのだろう、急遽申し込み不要の一般向けの見学会をするというので行ってきたのだ。

ただ天気は晴れでも夏の日盛りで、おまけに行ってみたら長蛇の行列。炎天下3時間汗だくになって待たされたが、並んだかいはあったと思えるような建築だった。これはおそらく建築的にはほぼ純洋風の建物。鉄骨と木造の混合で、構法はおそらくヨーロッパ建築の直輸入だろうか。まあ放射状の配置とか刑務所という作りの特殊性の面白さも大きかったが、やった建築家の息吹が生きていて工夫が縦横に感じられるのが何よりすばらしかったと思う。ちなみにその建築家はジャズピアニストの山下洋輔氏のお祖父さんだ。

長くなった。最後に音楽のことを少し。
9月に一枚のCDを買った。マーラーの交響曲第五番。バーンスタインがウィーンフィルハーモニーを振ったもの。なかなか面白くて時々聴いている。とくに第四楽章は絶品で、これを聴きながら書いてきた。

さて今年も残すところあと数時間。

来る年がきっとよき年でありますよう

スポンサーサイト

千里山東の家2017


今日行ってきた以前手がけた千里の家の写真。
最初はLDから見た中庭の景色。ヤマボウシの紅葉があまりに見事で、コーヒーをいただきながらの雑談の途中で撮った。私の知っているヤマボウシの紅葉はもっとくすんでいて、こんなに赤く染まるのを見るのは初めて。今年は寒さが急だし、ここの中庭は空に開いていて、1階の低木はともかく高木にとっては多分なかなか居心地がよいのもあるのか。そんな自分の感想を言うと、最初はそうでもなかったが竣工数年後からは毎年こんな色になっていますとのことだった。

2017-11-25-2.jpg
小さな工事の確認のために行ったのだが、それは上のルーバーサッシの取り付け。少し値段がはるのでいったん中止になっていたのだが、やはりほしいということで実施になった。まあ場所は物干し。樹脂の固定ルーバーをつけていたのだが、強風だと少し雨が入るということで開け閉めできるものを要望され、少し探すのに苦労したが、要望に応えられるものが見つかり、提案していたのだった。

ただ私もカタログでしか見ておらず、どんな感じか確認の意味もあって出かけてきた。少し値段もはるが、見た目もなかなかしっかりした作りで、これならほかのところでもいろいろ提案できると思った次第。医師でもある奥様は超多忙なので、最初はご主人も含めわたしもそこまで必要かとも思ったが押し切って実現されたのだった。

竣工後もう8年以上経つが、昨年いくつか改修の要望が出たものの自分の方が忙しくてなかなか手が回らず、ようやくこの9月になって工事がほぼ終了し、それから追加工事として今日の工事となった。まあようやくこれで全部終了。最初に出かけたのは昨年の10月だったので、まる一年以上かかったということになる。それを話すと、みなさんもそう若くはないので(私が最高齢だが)、本当ですねと唱和されて笑いが広がった。

最後に9月にできた寝室の格子の写真をあげておこう。そのときにここに書こうとしたのだが、忙しくてそのままになっていた。今日あらためて見ると、自分で設計しておきながらだが、けっこう繊細で部屋のやわらかな仕切りとしていい感じになっている。最初は目隠しを要望されたので、ブラインドの検討などいろいろ曲折はあったが、最終的に奥様の決断でこれが実現した次第。
2017-09-02.jpg

横浜 関内 補足

昨日の続きで「大さんばし」の話しの補足。写真も撮らなかったし、行っていない人には分からなくて恐縮だが、国際航路の客船用の大型さんばしで、湾に張り出した細長く巨大な低層建築。このグーグルマップで見てもらえばある程度分かるだろうか。

ただ、昨日書いた雑誌で見ていたというのは、だんだん思い出してきたが、間違いで、これではなかった。帰りの新幹線で一緒だったY氏の言っていたのがどうやらこれで、私の知っていたのは巨大で大スパンの低層建築というのは同じでも違う建物だった。

この建物のコンセプト自体は知らないが、鯨の胎内と背中、とでも言ったらいいだろうか。面白い構成ではあり、突端の岬は印象的なスポット。観光名所になっているのもうなづける。

ではなぜ印象が希薄だったか、ということ。これを書くのが今日の目的だが、やはりバーチャルに流れすぎて現実の建築としては物足りなかったということだろうと思う。リアリティの問題で、コンセプトや映像、図面などの段階では多分十分面白いのだが、実物を見たときにさほど迫力がない。これはやはり構造的な部分を大事にしていないということではなかったか。折板構造を大スパンで用いた意欲的な構造システムのようなのだが。

重力という現実的な問題にどう向き合ったか、これがバーチャルな世界と現実の世界との絶対的な差ということかもしれない。構造を隠してしまうのは簡単だが、現実の世界で立派な建築であるためには、逃げるだけでは解決にはまったくならず、表現につなげる努力が必要だが、その意味では実施デザインの詰めが物足りないということだったと思う。

横浜 関内

2017-08-1
久しぶりに書き込みます。
5月あたりから先月初めまでかなり忙しくて余裕がなく、そのあとも現場が始まったりしてついに2カ月ほどもあいてしまった。ようやくペースも戻り今日は完全休日で久しぶりにここを開いた。

とりあえず先週8月末に行ってきた横浜のことを。若いころに東京に住んで勤めていたが、あまり横浜方面には縁がなかった。記憶をたどっても休日に「三渓園」に来たのと、あとは中華街に行ったことくらいだ。

宿が関内のホテルだったので、あいている時間にあたりを散策したが、何とも神戸の雰囲気に似ている。やさしく吹きぬける潮風のせいだろうか、関東ではあまり見ない整然とした街路構成のためか。とにかくこのあたりが最初に開けたところだったことは分かった。

最初、海際の赤レンガ倉庫に行ってみたが、これは建築的にはそれほど面白くなかった。まあヴォリュームがあるので、印象的なランドスケープではあるし、商業施設に改修されていてけっこう人出もあった。
2017-08-2

翌日は湾をはさんだ「大さんばし」にも足を延ばした。これは建築雑誌の紹介でずいぶん前から知っていて記憶に残っていたのだ。低層だが大スパンの大型建築。それなりに面白くないことはなかったが、コンセプトを実現したことはいいものの、なぜか迫力はあまり感じず大ざっぱな印象しか残らなかった。

冒頭の写真はそこのデッキから見た横浜中心部?。赤レンガ倉庫も見える。ランドマークタワーは初めて実際に見たが、それなりに年数も経っているが、それが悪くなくかえって迫力を増し、なかなかみごとな風姿だった。やはりロケーションは大きい。

2017-08-3
最初桜木町で降りて関内近辺のホテルまで歩いたが、上はそのときに偶然通りかかった、「横浜正金銀行」の写真。これにはちょっとびっくりした。名前がすぐ頭に浮かんだのには自分でも驚いたが、建築家は妻木頼黄氏(これは銘版で読んで思い出した)。偶然の遭遇だったのでそのままかなり通り過ぎたが、印象が強く、引き返してきて写真を撮った。とにかく圧巻の印象だった。

2017-08-4
上と最後はこれも翌日に行った横浜市役所。村野藤吾氏の作。柱を高層部に行くにしたがって断面を減らしているのが、隠し味みたいなことだが、ちゃんと立面のニュアンスになってきいている。レンガタイルが表情を和らげ、端正でいながら優雅で繊細な外観だ。まあ今の構造基準でこういうデザインが可能かどうかは分からない。中へ入ると吹き抜けのホールをはじめ、あまりいい状態ではない。建替えの話しもあるようだが、何とか残していってほしいと思った次第。
2017-08-5

燕庵と飛雲閣

土曜日に茶道の薮内(やぶのうち)家の名前にもなっている茶室 燕庵(えんなん)の見学会があって参加してきた。家内が情報を仕入れて誘ってくれたのだが、なかなかよかったので報告。

西本願寺御影堂201607

西本願寺の団体の主催で集合場所も境内の門。境内にある飛雲閣の見学もセットになっていて、そちらは外観だけという事前のアナウンスだったが、当日「西本願寺とご縁の深い薮内の燕庵を見学されるなら特別に」ということだったそうだが、書院に上がり、脇に増築されている茶室 憶昔(いくじゃく)の間にも入れていただけた。

飛雲閣201607

私は飛雲閣は2回目か3回めで、中へ入るのは2回目。こんなに小さかったかというのが庭に入って外観を目にした瞬間の印象だった。だいぶ前に行った以前には、外観でいろんな種類の屋根がごちゃごちゃしていてあまり好きにはなれなかったが、今回はそのことはそれほど気にならず、正面にある築山に登らせてもらえたこともあるのか、かろうじて保たれた微妙なバランスに感心したりしていた。

憶昔(いくじゃく)の間に入るのは、存在も知らなかったし今回が初めて。茶室としては調べてもいなかったのであまりよく分からなかったが、狭い空間なので入るのに5~7名ずつになって、その分待ち時間があり、書院でゆっくりできたのが自分にとってはかえってよかった。

書院は舟入の間もあるし、建物の規模からしてもかなり大きな広間空間で、上段、上々段など造りも大げさで凝っている。ただ今回初めて細部なども詳しく目にとめたが、意外に厳しくなく大らかな造り方で、接待用に流れたやわらかい感じもした。ちなみに聚楽第の遺構という説もあるが、現在の文化財研究者の間ではそうではないという説が優勢だそうだ。

さて本題の燕庵。残念ながら茶室には上がらせてもらえなかったが、窓が多く、ある程度空間を掴まえることはできたと思う。入れてもらえなかったことは、正直そんなに残念にまでは感じなかった。

燕庵2011607

率直な印象はフェイスブックにも書いたが「かっこいい!!」。それに何ともよくできていて、これは建築をやっていない人には、自分の思いをなかなか分かってもらえないかもしれない。茶室というのは当然茶事をするための空間だが、それも「小間(こま)」ともなるとそのための配慮や工夫が重ねられて、多少は茶事のことも知っていないと理解できないのも確か(私も若いときに少しかじっただけだが)。

そういうのを下敷きに間取りをつくり、狭い空間を天井意匠の変化でシンボリックに区切ったり、今回は畳まで変えたりして空間構成を深化させている。さらに細部となると、もちろんここだけではないが、デザインした人の個性を介して、千変万下といっていいくらい細やかに変化させたりしているところが、茶室を見ていてあきない理由だ。

燕庵の茶事の行為作法と溶け合った空間構成については、事前に少し調べて、武家風を加味しつつ、本当にうまくまとめてあると感心していた。ただこれは間取りのレベルで、多少のイメージはできたとしても、空間そのものはやはり体験してみないことには分からない。

行ってみると本当に「きれいな」茶室であった。手前畳脇の中柱なんて曲がった自然木には間違いないが、できすぎ!と思うくらいに完璧な形をしていた。たくさんの窓やトップライトに感じる繊細な心配りや闊達な自由さは圧巻と言ってもいいくらい。でも中柱の存在もあり、壁の印象も弱すぎることはなく、障子の窓とあいまって全体に軽さとしなやかさが感じられた。あと腰に高く貼られた黒紙の意匠がすてきで、桂離宮の市松模様やビロードの意匠を見たときのショックに近いものを感じた。何ともモダンでかっこよかったのだ!

さて長くなった。まとめよう。上に書いたような「かっこよさ」や「きれいさ」はとてもすばらしかったが、物足りないところもあった。個性の「泥」みたいな臭いが希薄であったことだ。あまりにきれい、できすぎ、というのがとりあえず自分の感想の1つだが、それは個性を「写し」というかたちで受け継いできた結果の必然として、一種の洗練という言葉で表わしてもいいのかもしれない。でも総じての感想を書けば、丹精で美しく、とてもよくできた茶室だと思った。織部の茶室は初めて行ったのだが、期待以上の面白さだった。