FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

姉歯建築士-3

ただここで言っておかなければならないのは、構造設計家とわれわれ建築家とは拠って建つ倫理的な基盤が少しというかかなり違うように思うということだ。構造の場合は、「技術者の良心」と言うか大学などの学者先生に近いスタンスで、「倫理」というよりも間違いを許さない「潔癖さ」あるいはある種の「正義感」というような言い方がふさわしいように思う。もちろんこれについてはいろいろな人がいるのは確かだし、個人的な倫理は埒外にしているので、これを読んで怒る構造設計家や大学の先生がたもおられるだろうが、議論の主旨はご理解いただけるのではないかと思う。

前提とする法律の条文があって、そこから答えは数学的に導かれる。そこに曖昧な雑音が入る余地はないわけだ。ただ技術の常として、現実をどう理想化し計量化して計算していくかという難問があるが、構造の分野では学会もまじえてほぼ微細にマニュアルを決めてくれている。だから構造設計者にとっては、持てるテクニックを駆使して前提からの首尾一貫した明晰な過程をたどって答えを出すというのが、ほぼその職能の中核ではないだろうか。だから前に書いた「技術者の良心」はこの作業とも表裏一体の関係だとわかる。・・・続く

姉歯建築士-2

前に書いた続きだが、そういうはっきりした分業があるのに「建築士制度」はそれを一応無視した資格になっている。これは「建築家Architect」というある種全能の人間を理想とするような西洋の思想を下敷きにしていることもあるだろうし、日本でも昔の大工の棟梁はそれに近いような役割を果たしていたことがある。

ただ、これだけ技術的に進歩し、工業生産による部分が増してくると、設計の分業化も当然の流れだし、各専門家にはますますその場所を掘り下げた深い知識が要求されてくる。そういう現実と制度の間の矛盾が今回の騒ぎの一因でもあると思う。

まあ、姉歯氏の構造設計について言えば、コンピューターによるようになってから、われわれ意匠系の人間にとってはあまり書類をまじめに読む気がしなくなったというのは確かだ。ただそれ以前の手計算の時代でも、それをチェックするというような目で見たことはなかったと思う。

確かに構造設計は技術的な支えをお願いしている下請のような立場ではあるが、お互いにプロとしてのプライドも高く、気持ちとしては共同設計者ないしは設計組織のナンバー2というような処遇で、人間だから間違いはあるとしても、深い信頼関係の上にこそ成り立つ共同作業であるのは確かなのだ。・・・続く

姉歯建築士-1

これだけ騒ぎになっているので、仕事柄少しは触れておかなければならないと思い、書くことにした。新聞では単に「一級建築士」となっているが、多分、主な業務は構造設計だと思うので、このあたりの建築業界の事情を少し。

この業界で専門家として立とうと思ったら、まずは誰でも大学で建築教育を受けるわけだが、多くは工学部で、たまに芸大のように美術や芸術学部に入っていることもある。工学部では、専門過程は四回生の初めには大きく三つの分野(意匠・構造・設備)に分かれて担当教官を選択し、以後はそれぞれかなり異なった道を進む。

「構造」へ進んだ人はいわゆる建物の安全性を保証する構造計算が主な内容で、「設備」は、光熱水に関する環境的知識を学び、工学的には照明や空調・衛生設備などの設計の訓練を受ける。この二つはいわゆる専門的な工学技術者を育てるところといってよいだろう。残る意匠はというと、まあその他すべてと言ってもよいくらい雑多な分野が集まっている。歴史など文科系的な要素や芸術文化的な要素も強く、学者にでもなろうとしないかぎり浅く広くの雑多な知識をしいれて社会へ出ることになる。

結果的に、初歩は全員一通り学んだはずだが構造・設備など技術プロパーの分野については、意匠の人間には多少高度なレベルになれば歯が立たない。だから同じ「一級建築士事務所」と言っても、構造や設備専門のところもあり、多人数の大きな事務所ならすべてをこなすが、中に入るとやはりそれぞれまったく別の部署ということだ。・・・続く