松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

2018初春

明けましておめでとうございます

2018年、平成30年の年が明けた。何となくいつにもまして寒い正月だったように思う。これはまあ体調を少し崩してほぼ寝正月で過ごしたために、あまり外へも出ず、こたつや寝床でごろごろと読書三昧ですごしたせいで、よけいにそう思うのかもしれない。ということで読書のことを。

読んだ本で一番よかったと思うのは、岩波少年文庫だが今江祥智氏の「ぼんぼん」。ずっと以前から読みたいと思っていた本なので、ようやくという感じでこの正月に格好の読書となった。感想は長くなりそうで省くが、戦時空襲の描写が本当に迫真的で、初めて少しは実感できたかと思ったくらい見事だったのは印象的。子ども目線というか、擬音の多用も含め描写が初々しくてまぶしいくらい。振り返れば悲惨な話しだが、渦中の人間のそれどころでない強い緊張と必死なまなざしが伝わってきた。余談としては最近、湯治で行っている和歌山の橋本が舞台の一つだったのは、偶然というより不思議なめぐり合わせさえ感じた。

あとまだ途中だが、司馬遼太郎氏の「韃靼疾風録」を面白く読んでいる。氏のこれまでのいわゆる歴史物とは違い、主人公の架空性が高い。氏の最後の小説だそうだが、「清」の勃興とおそらく(まだ途中だからよく分からないが)中国制覇までが背景だと思うが、物語の単なる背景というよりも、視線の強さからすると実はそこ(というよりその景色)をしっかり描かれたかったのではないかと思う。氏は確かご自身が満州に戦車隊として出征されたのではなかったか。読了すれば、氏のその当時の経験についても、少しは感じとることができるのかもしれないと思ったりする。

あと「中欧史」の本を図書館で借りてきて読んでいるが、東欧・西欧ではなくて北欧・南欧における中欧で、オーストリア、スイス、ルクセンブルク、オランダ、ベルギーの話し。これもまだ途中だが予想を超えて滅法面白い。やはりヨーロッパのことなどぜんぜん分かっていなかったと痛感。

さて上に書いた「韃靼疾風録」の前にやはり司馬氏の「箱根の坂」という後北条氏の始まりを描いた小説を読んだ。天下の険といわれた箱根の関のことが文化的地形的に初めてよく理解できたことも含め、とても面白かったが、その時からグーグルマップ(地形図)をあわせて見るようになった。おかげで「韃靼疾風録」や中欧史の本でも読みながら地形を確かめる癖がついたが、普通の地図で見ているよりもはるかに「立体的 肉体的」に分かるのがすばらしい。いい時代になったものだと本当に思う。

皆様にとっても本年がきっとよき年でありますよう

スポンサーサイト

今年の締めくくりその2 読書

今年の読書では、昨年に引き続き塩野七生氏のイタリアをはじめとする地中海史の本を何冊も読んだ。ローマが滅んでから海賊の横行する混沌の海になってしまった地中海の情景が印象的、というかこのことはほとんど知識になかったので、目からうろこが落ちた。当時の地中海は文字通り、暗黒の中世という言葉にふさわしいような状況だった。

そしてそこから中世に興味が深まり、ヨーロッパ中世史の本を数冊読んだが、その中で阿部勤也氏の著作がとてもすばらしかったのが記憶に残る。ただとりあえずまだ近くの図書館のを全部読んだだけなので、氏の本は次のマイブームの有力候補になっている。

次にはやはり村上春樹氏の本。まずは、ここにも書いたが指揮者の小澤征爾氏をインタビューした「小澤征爾さんと、音楽について話をする」という本がすばらしかった。対談はともかくとして、とくにその後書きのようなスイス湖畔での若手の音楽塾での氏の体験談が、そのまままるで上質の音楽のようにとてもすばらしかったのが強く印象に残っている。

これで対談時にかかっていた音楽のCDまで買うはめになり、その感想を書くつもりだったが、そのあとで前からもう一度読み直したいと思っていた氏の「ねじまき鳥クロニクル」を読んで、簡単に氏の本について書くような気分がなくなりまだそのままになっている。ねじまき鳥では、幼くして声をなくし華麗にポルシェを駆るシナモンのことが忘れがたい。

あと戦後70周年関連を書きたいが、その前に河合隼雄氏の本にあって読んでみた「大草原の小さな家」のことを書こう。テレビで有名なアメリカ開拓時代のインガルス一家のドラマの原作だが、ローラ・インガルス・ワイルダー女史のほぼ自伝で、河合氏の推薦通り非常に面白く、順番どおりではないが結局シリーズ全部を読み通した。アメリカについて少しは深くわかるようになったかもしれないと思う。上で書いた阿部勤也氏が言われるアメリカの中世的な部分についても。そしてそこから逆にヨーロッパ中世の情景に光があたったりして、なかなか面白い経験になった。

藍より青く

藍より青く

山田太一氏の小説は、最近のマイブームの一つ。でもこの長編は今まで読んだ短編と比べてもダントツですばらしいものだった。読んだ直後の感慨が「何ともいえないほどなつかしい」という感じで、こんな感想をもったことは山田氏の著作以外もふくめ初めて。自分でも不思議な感じがした。

年配の方なら知っていると思うが、これはNHKの連続テレビ小説になった。脚本も山田氏で、小説がどこまで先行したのか知らないが、私も主演の真木洋子さんの顔とともに記憶に焼きついている。1972年なので、わたしは高1。ただ番組を見た覚えがないので、なつかしいわけもなく、またどうして彼女の顔がこんなに記憶になまなましいのか不思議だが、無意識に真木さんの大ファンだったのかもしれない。

ただもっと不思議なのは、舞台を和歌山の尾鷲だと思いこんでいたことだ。この本を読み始めて舞台が天草なのに驚き、山田氏がNHKの大阪放送局用に場所を変えたのかと思って読んでいたが、あとで調べてみるとぜんぜんそうではなかった。

たしかに尾鷲が舞台のドラマもあって「旅路」。日色ともゑさんが主演だが、「藍より青く」より五年も前の放送だ。わたしはまだ小学生のときになる。確かずっと放送は朝の8時15分からで、見ていると学校に遅刻するのは一緒なので、ほとんど見なかったはずだ。おまけに連続テレビ小説最後の白黒放送だそうで、女優の日色さんには覚えがあっても、まったく映像やドラマの記憶はない。

あと、まだ勤めていたときだから、もう20年ほど前のことになるが、尾鷲出身の女の子がアルバイトで来ていたことがあった。そのときも真木さんの顔とこのタイトルが頭に思い浮かんでなつかしい思いがした覚えがある。

読書と音楽

まず読書のこと。いま同時進行で読んでいるのが三つ。読み出した順番で書くと、まず岩波文庫の寺田寅彦随筆集、次に村上春樹氏の「小澤征爾さんと、音楽について話をする」、最後に正岡子規の「病牀六尺」。

寺田氏の随筆集は、その前に読んでいた本で出てきて初めて手に取ったが、ていねいで端正な文章でとても味わい深く、内容もそれぞれ長くないので、仕事の合間にゆっくりと読んでいるが、話題の範囲もすごく広く、なかなか面白い。

子規は、寺田氏の随筆集の中に出てきた「仰臥漫録」を読みたかったのだが本屋で見当たらず、とりあえず青空文庫に「病牀六尺」があったのでアイパッドで読み出した。でも読み出してすぐ、京都のTさんが病気で京大病院に入院された報せが入って驚くと同時に不思議で、ユングの「共時性」の話を思い出したりした。

村上氏の本はそういうのとは違い、先月末、京都の先斗町のひろ作に行ったときに貸してもらった。実は少し前に、書きたいことがあったがやめたとここに書いたのはこのことだった。村上氏と小澤征爾氏が二人でひろ作に来られたことを昨年ここに書いたが、そのときのことがこの本の小澤氏のあとがきに出てるんじゃないかとなじみのお客さんが持ってきてくれたそうで、せっちゃんからその本を貸してもらったのだ。店の名は書いてないが、そのときに当日のエピソードをあらためていろいろと聞かせてもらった。そのときにも書いたが以前リヒテル氏が来たことを話したら大いに受けたらしい。

帰ってきて読み出したが、まず村上氏がよく音楽を聴いておられるのにびっくりさせられた。小澤氏の座談の相手役として申し分ない上に、氏の筆力もあるから本当に面白い。上の二冊と違って、一気に読んでしまいたいような内容だが、仕事が忙しいせいもあるが早く読むのがもったいなくてこれもゆっくり読んでいる。

この本を読んで、久しぶりにCDを買った。カラヤン・ベルリンによるブラームスのシンフォニー1番とグールドによるブラームスの間奏曲集。ブラームスを自分で買うのは初めて。どちらもこの本に出てくるものではないが、なかなかすばらしくそれらを聴きながらこれを書いた。

キャッチャー・イン・ザ・ライ

また最近の読書について

この本は、日本では「ライ麦畑でつかまえて」という名前で有名だ。この題名はずっと覚えていたが、文庫本を買ったものの途中でやめたか、もしかすると買うこともなかったのかもしれない。これは村上春樹氏の訳。氏が訳したというので、そのうち読もうとは思っていて、先週、図書館に行ったときなぜかふと思い出して借りてきた。

他に読んでいる本もあったが、自宅で少しさわりを読んだら、そのまま最後まで読んでしまうことになった。でも、それはこの本がとても面白かったからではない。一気に読んだのでもなく、何となく気になって途中でやめられなくなり、読みかけのはおいて、読んでしまうことにしたのだった。

まあ読後感としては、正直言ってそんなに面白くはなかった。内容は高校生が退学になって寮を出て、自宅のあるニューヨークに戻ってきて数日、家に戻らぬまま街を放浪した時の記憶の断片。それを後に友人か誰かに話しているといった構成。

話しは、緩やかな起伏を繰り返しながら、あくまでも日常的な装いの中で進んでいく。でもよく考えてみるとけっこうショッキングな出来事がちりばめられていて、静かで淡々としているのが不思議な感じさえした。

ここまで書いてきて気がついたのは、きっとものすごく密度の高い時間がそこには流れているんだということ。だからけっこう大変な事件だって、日常的な出来事の一部のように見えてしまうんだろう。

人間の心理状況には常にこういうところがあるようにも思うが、高校生年代くらいの思春期のまっただ中の時間というのはやはり特別で、もはや自分はあまり覚えていないが、どこか圧倒的と言ってもいいような密度と深さを持ち、それが同時に未完成の裸形の感覚にさらされていたんだろうと思う。

でも、読んでいてだんだん気分が暗澹としてきて、どう終わるんだろうと心配したくらいだったが、最後はすばらしかった。やはりそんなに派手な演出はない。彼が家を出ようとして、その前にかわいがっている妹に会っておこうとしたときに、彼女がが自分も荷物を詰めたスーツケースを持ってついて行こうとする。事態の要点だけ書けばそれだけだが、まったく鮮やかな転換とクライマックスだった。淡々としているのも変らずだが、これには何とも救われるような感じがした。なかなかいい結末だったと思う。

追伸
高い評判や村上氏が訳すという本なのに、あまり面白いとも思えなかったので、自分にはあまり文学が分からないからかもしれないと心配になって、WEBで少し調べてみた。世界中で本当にたくさんの人が読んでいて、日本でも村上氏以外に1950、60年代に3つの訳書がある。

で考えたのは、もしかすると英文で読んだらもっと人気の秘密が分かるのかもしれないということだった。英語独特の言い回しや、発音など、また特別の味わいがきっとあるのだろうと思った次第。