FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

フーガの技法

このところ仕事がすごく忙しく、昨日の土曜日も仕事で、夜は夜で、ボーイスカウトの団恒例の合同委員会だった。今日は久しぶりの完全休日だが、どこへも出かける気になれず、昼過ぎから事務所へ出てきて音楽を聴いたりしてすごしている。

さっきまで聴いていたのは、本当に久しぶりだがバッハの「音楽の捧げ物」。リヒターの指揮とチェンバロ。フルートになつかしいオーレル・ニコレの名前が入っている。あとは弦楽四重奏団という六人の編成。

これはレコードでも持っていて、一人暮らしの時に、かなりよく聴いた覚えがある。とてもすばらしい曲だとは心底思っていたが、今から率直に言うとそれほど好きというわけではなかったかもしれない。

何というかあまりに裸形の構成というか本当に骨格だけでできているような感じで、エッセンスといえば聞こえがよいが、そんな生やさしいものではまったくなくて、そこに厳密に選択されて残された端正な音楽は、何とも厳しい姿をしている。録音は楽器のすぐ近くにマイクが置かれてあるようで、赤裸々とでも言いたいくらいに鮮明な音質。奏者たちの間に椅子を持ちこんで座っているような感じだ。演奏による造型にも、別種の完璧さがあるような気がして、聴いている途中でそのあまりの冷徹さに逃げ出したくなるようなところがあった。それでもよく聴いたのは、一種の修行のようなつもりだったかもしれないと今では思う。学生時代に何回も唐招提寺に通ったのと同じように。

さて今、これを書き出したときから聴いているのは、やはりバッハの「フーガの技法」。演奏はグレン・グールド。大分前から持っているが、最初に聴いてあまり印象がよくなくて、それからほとんど聴いたことがなかった。今日は、上のリヒターの「音楽の捧げ物」の横にあったので、聴いていみる気になったのだ。レコードでは持っていなかった。

最初、ピアノだと思ってかけたらオルガンだったので、ちょっとびっくりしたが、とてもすばらしくて素直に音楽に引き込まれた。でも後半になり、さっきからはピアノに切り替わっていて、いつもの彼の「うなり声」も伴奏に聞こえている。

感想など書きたいのだが、それは終わってからにしよう。もうあと4曲ほどだから。その合間を利用して他のことを少しはさむ。

演奏のことではなくて、これを聴いて書いておかねばならないことが出てきたのだ。それは以前、同じバッハの「パッサカリアとフーガ」のことをここに書いたことがあって、結局わけが分からないようなことになり、そのままになった記事があるのだが、それがこの「フーガの技法」と取り違えていたことがはっきり分かったからだ。

そのときはヴァルヒャの演奏で、「未完」の曲のはずなのに、演奏が「未完」になっていないので、不思議でおかしいということで終わっていたのだが、何のことはない、曲が違い、この「フーガの技法」だったのだ。

もうすぐグールドの演奏も終わるが、彼の演奏はどんな風に終わるのだろうか。久しぶりにあの大いなる「空白」にまた立ち会えるだろうか。

メンデルスゾーンとデュメイ氏

外ではごうごうと風が吹いている。横なぐりの雨も激しい。台風17号がすぐ近くまで来ているからだ。大阪では暴風波浪警報が出て、今日はボーイスカウトで「国際活動セミナー」という大阪連盟主催の催しがあったのだが、早朝に中止になった。

とりあえず地区の事務局などを通じて各団などにアナウンスしてもらったが、あわただしかったのはそこまで。私が所属する国際委員会の管轄なので終日参加するつもりが、予定は一気に空白となった。で、事務所へ出てきて、ほったらかしにしていた領収書貼りをさっきまでペタペタとしていた次第。

昨日の続きを少し書いておこう。9月7日の関西フィルの二曲目のメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲についてだが、副題からすると当日のテーマの部分だったかもしれない。

少し記憶がぼけたが、第一楽章は「ああメンデルスゾーンやなあ」というような節回し?があちこちに出てきて素直に聞いたが、第二、第三楽章はかなり違うような感じがした。あとでデュメイ氏ならどんな風にやっただろうと一番思ったところだ。だからそこから、最後にビゼーのやはり若書きの曲をとりあげて、何かつながるようなものを聞き取らせてくれるつもりだったとしたら・・・まあ私にそんな繊細な耳はないかもしれないが、そんなことを思ったりした。そうそう、一曲目にドヴォルザークを持ってきたのも何か特別な意味があったのかしら?考えていると興味はつきない。

余談:
今日ももちろんぺたぺたしているときから音楽をかけていた。ヘンデルのチェンバロソナタから始まってオルガン協奏曲、バッハの復活祭オラトリオ。途中ベートーベンの7番がMP3でデスクトップにあったのでかけたが、しっくり来ずに第二楽章でやめた。今はドビュッシーの「牧神の午後」。これは本当に久しぶりに聴く。あらためて彼のすばらしさを堪能している。

ケースを見るとクリーブランドでアシュケナージの指揮だが、この交響楽団の名前を聞くとやはりジョージ・セルを思いだす。レコードで何枚も持っていたが、よい意味でのアメリカ的というか、率直で誠実で平明。それがそのまま新しい近代的な音の響きとして聞こえてくる。それでいて同時にちゃんと迫力と歴史的な厚みさえ感じさせるような音楽になっていて大好きだった。アシュケナージになると、少し筋肉質になっているだろうか。

関西フィル第241回定期演奏会

久しぶりにバッハの音楽を聴いている。
実は今日、昼から日本橋に、前から買おうと思っていたコードレスのキーボードを探しに行った。いつも行く店でちょうど一つ特価で出ていたので迷わず手に取ったが、そのついでにしばらく前に壊れてしまったPCのスピーカーも買ってきたのだ。安物で十分と思っていたが、在庫処分でこれぞお得な特価品というタグが付いていたのに釣られてそれに決めた。ただ予算は少しオーバー。

で、事務所に戻ってきてスピーカーの試聴がてらCDをかけたという次第。まあ今までのオンボロ(失礼)君に比べると高音が通って、ちょっと見違え(聞き違え?)るくらいの音で、まあ満足。

さて音楽の話題になったので、少し前(9/7)にあった関西フィルの第241回定期演奏会のことを書いておこう。実は書くつもりで事務所にパンフレットを持って来ていたのだが、忙しくてほったらかしのままになっていたのだ。その表紙に載っているタイトルは「音楽監督オーギュスタン・デュメイ presents!」となっているが、来日の少し前に街頭でころんで怪我をされ、まあ高齢のせいもあるのだろう、直前の公演キャンセルで、代役による演奏会だった。まあ怪我は大したものではないそうなのは何よりだったが。

でもプログラムの曲目は当初のままで、代役に立ったのは、指揮者としてヴォルフラム・クリストというドイツ人のチェリスト。ただデュメイ氏は指揮者兼ヴァイオリニストなので、もう一人、二村 英仁という人がヴァイオリンのソリストとして入った。

プログラムの最初がドヴォルザークの「ロマンス」で、二曲目がメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ニ短調。メンデルスゾーンのこの曲目といえば超がつくくらい有名なのがあるが、そのホ短調のではなく、これは13歳のときの作品で滅多に演奏もされないそうだ。

前半のこの二曲では二村氏が主役だったが、見たところ30代か40代前半か。さて彼の演奏はというと、何よりもまず「音」そのものがすばらしくて、弾き出されてまもなくして、本当に舌を巻く思いがしたほど。その繊細でため息が出るくらいの柔らかさは絶品といってもいいくらいで、あくまで澄明でいて同時に深い情感も十分に感じとることができる。全体として迫力という点では多少欠けたかもしれないが、それを補ってあまりある豊潤な演奏だったと思う。あとで知ったがやはり楽器はストラディバリウスだった。

さて休憩をはさんで後半。これも珍しくビゼーの交響曲第1番。解説を読むと彼の17歳のときの作品で、他にはまともな交響曲は残っていなくて、これがほぼ唯一のものだそうだ。

この演奏は本当にすばらしかった。

関西フィルというのは本当はこんなにも鳴るんだ!と、当日の指揮と演奏には率直に脱帽した。また曲そのものも本当におもしろく、こんなのを17歳で書き上げてしまえば、あとはどうするんだろう?というくらいのもので、以後オペラという総合劇に活動の場を移して次々に才能の花を開かせたのも当然か、というようなことを思ったりした。

ただ、最後に珍しくオーケストラのアンコールをやってくれてびっくりしたが、同じ曲の第四楽章を再演されたので、これはちょっと残念だった。まあこういう生の演奏会はまさに「一期一会」なのだから、せっかくの感動にちょっと水を差された感じがした。とてもよかっただけにかえって残念。

さて、今回は曲目もそうだが全体の構成自体が珍しいプログラムで、何か問題意識を感じさせるような内容だった。とくに関西の演奏会ではこういうのは珍しいと思うので(私が知らないだけかもしれない)、あえてデュメイ氏の企画に乗った関西フィルの意気は大いに買いたいと思う。

ただデュメイ氏が出られなかったのは本当に残念だった。元の副題で「~メンデルスゾーン、もうひとつの顔~」と入っているのだが、そのことについては、今回はあまり理解することができなかった。それでも彼のキャンセルでかえって奮起したのだろう、全体としては、なかなか力のこもった、おもしろくてすばらしい演奏会だったと思う。

大フィルのブルックナー

昨日の夜は、仕事を早めに切り上げてシンフォニーホールへ行ってきた。大フィルの第457回 定期演奏会。指揮は尾高忠明氏。第一部は大好きなモーツァルトで、ピアノ協奏曲の23番。ピアノは若手の新人で、萩原麻未さんという初々しい感じの女性。そして後半は一転して大曲で、ブルックナーの交響曲7番というプログラムだった。

実は仕事の電話を始まる直前までしていて、第一部モーツァルトの第一楽章は、あまり聴くような心がまえができなかった。しかも始まってすぐに携帯の電源を切るのを忘れてマナーモードでもないことに気づき、あわててそうっと少しだけ開いて電源を落とした。またコンサートマスターが変わったので、どんな感じだろうとか考えながら見ていたり、あと曲があまりにポピュラーすぎて、すぐに気分が乗っていかなかったということもあって、音楽よりも音を聴いているような感じだった。

でも第二楽章の出だし、ピアノが思いっきり情感たっぷりに始まり、そこからは素直に引き込まれていった。第三楽章もはねるような溌剌とした気分があり、ピアノも含めて演奏はなかなかよかったと思う。とくに第三楽章、これはまあまったく私の勝手な思い込みかもしれないが、ピアノの元気が伝わって尾高氏の指揮ぶりも溌剌というか、元気よすぎるのではというような部分まであって、ちょっとほほえましかった。アンコールでドビュッシーの「月の光」をやってくれた。

さて後半のブルックナー。さすがに朝比奈さんでの演奏の評判がとどろいているからか、観客はいつにも増して多く、それも男性が多かった。だからわたしも期待したが、ブルックナーとなると手元には一枚もないし(レコードで四番はあったかもしれない)、有名なわりに正直今まであまりよく分からなかった作曲家の一人だ。だからほとんど生演奏でしか聴いたことはない(残念ながら朝比奈さんのは聴く機会がなかった)。

東京にいたころは、N卿などで少なくとも四番は二回以上は聴いたろうし、7番も一回くらいはあったのではないかと思う。あとよく覚えているのは、大阪へ戻ってからだが、カラヤンとベルリン・フィルの指揮者の座を争ったというチェリビダッケ氏が、ミュンヘン・フィルを率いてやはりこのシンフォニーホールに来たのを聴いたことがあった。もう二十年くらい前のことだ。このときにやったのが、確かこのブルックナーの7番で、これ一曲だけのプログラムだったのではないかと思う。でも曲目は記憶が少し不鮮明だ。指揮振りと演奏には堪能した覚えがあるが、曲についてはやはりあまりよく分からないという印象で、それ以外の記憶はおぼろなのだ。

さて昨日の演奏に戻ろう。結論から言うと私にとってはなかなかすばらしい演奏会だった。初めてブルックナーを面白いと感じることができたから。そしてもう一度聴いてみたいと思う気持ちになった。とくに第二楽章を。

尾高氏の指揮は、よく姿が見える席だったということもあるが、とてもしなやかで、曲調からすると変な言い方かもしれないが、とても平明でいて、きめがこまかく、絹の肌触りを思わせるような印象さえあった。さらに変な表現をすると、先のチェリビダッケ氏のような演奏を、もしレーシングカーの最高峰であるF1のような猛烈な走りとすれば、昨夜の演奏は、公道を走る高性能で高級なスポーツカーの乗り心地のようだった。

まあ素人の音楽談義はこれくらいにして、あと私にとってもう一つ昨日の演奏を聴いてよかったと思うことがある。それはブルックナーを聴いて面白かったので、それならやはりワーグナーをあらためてぜひ聴いてみたいものだと思ったのだ。そこからさらに歌劇も。R・シュトラウス、プッチーニ、ヴェルディやビゼー・・・etc。でもさすがにもう機械に向かって聴きたいとはあまり思わない。まあ思い続けていれば、また機会も出てくるだろう。

2012新年明けまして

明けましておめでとうございます
本年がどうかよい年でありますように

さて年末年始は何となく音楽ということになってしまったようなので、今日は何にしようかと迷った。とりあえず手元にあるバッハのオラトリオから聞き始めたが、口直しと言ったら怒られるかもしれないが、ベートーベンを聞いてみようと思い、とりあえず一番好きなクレンペラーの七番を検索してみた。そうすると55年版の録音が簡単に見つかったので驚いた。下に著作権は切れているとテロップが流れていたが、まあ便利な時代になったものだ。

ちょっと物足りなくてやっぱり正月は「英雄」かと思い、この曲は昔レコードでカラヤンのを持っていて思いっきり「持っていかれた」記憶があるので、探してみた。それで見つかったのがこれだ。映像も含めどうやらすさまじいような名演。カラヤンはちょっと作りすぎという感はあるが、こういうのが始まったころの率直な表現だと思えば、素直に受け取れるようにも思う。まあとにかく圧倒的なものだ。最後は総立ちのスタンディング・オベーションになるが、それに値するような演奏。まさに皇帝の名にふさわしい。おそらく年明けにも。

ベートーヴェン 交響曲第三番「英雄」 第一楽章 カラヤン指揮のベルリンフィル

ベートーヴェン 交響曲第三番「英雄」 第四楽章 同上

(流れるテロップが多少うるさいが、右下の、普通なら画像をフルスクリーンにするスイッチをクリックすると消えます)