FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

大響の第222回定期演奏会

またかなり間があいてしまった。

さて記事としては少し遅くなったが、先週の木曜日に行ったコンサートが、久しぶりになかなか面白く思ったので報告。

大阪交響楽団の第222回定期演奏会。曲目はアメリカのバーンスタインとロシア(ソ連)のショスタコービッチの交響曲で、2人ともまったく20世紀の人間だから、テーマが20世紀音楽の演奏会ということだ。バーンスタインはともかく、ショスタコービッチは世紀末の生まれかと思ったら生誕は1906年。政治が音楽にまでずけずけと文句をつけるような国と体制だったから、ある程度は保守的にならざるをえなかったのだろう。

休憩をはさんだ最後がショスタコービッチの交響曲5番。彼の音楽はコンサートで何回か聴いたことはあるがあまり覚えていない。プログラムの解説でマーラーの5番が引き合いに出されていたが、そちらの方が「進んでいる」ような感じがしたくらい。素人なりに曲の感想を言うと、ドイツロマン派の流れの正統ラインのかっちりとした造りで、構成は緻密でたくましく、堂々たる音楽にはまちがいない。でも20世紀なりにニュアンスも多様だが、激しいときにもどこか陰鬱な抑制のようなものを合わせて強く感じさせられた。だからCDを買ってまで聴きたいとは思わないか。

余談だが今朝、手元の吉田秀和氏の本を開いてみたら、ずっとあとの晩年の交響曲14、15番について「彼がこんなに深いところまで行くとは思わなかった」と書かれていて、いつか聴いてみたいと思った次第。

曲目では、前半の2曲目のバーンスタインの交響曲第2番の方が自分にとっては面白かった。ウエストサイドストーリーの音楽は知っているが、彼のクラシックの範疇の作品を聴くのは初めて。感想は、まあとにかく面白かったし、とくに最後の盛り上がりは独特なもので、率直にすばらしいと思った。

さて、コンサートを面白いと思った一番の理由をこれから書こう。それは2人の若手の人たち。
まず指揮者がジョナサン・ヘイワードという米国人で、1992年生まれだからまだ若冠26歳のアフリカ系。一見奔放に見えるほどの躍動感あふれる指揮ぶりで、引き締まった細みの肉体に、ぴったりあったフォーマルな黒の衣装が、俊敏な動作の激しさに映えて見ほれてしまった。もちろん音楽がよかったのがこの評の前提で、本当にすばらしかったと思う。

もう一人はバーンスタインの交響曲2番で、初演でのバーンスタインに代わって舞台中央のピアノをひいたアンドリュー・タイソンというピアニスト。プログラムに年齢は書いてなかったが、指揮者と友人らしいし、かなり若いのは確か。なんとも繊細な雰囲気だが、同時に若々しい息吹と強さを感じさせてくれる演奏で、アンコールでひいたスカルラッティのソナタも含め、なかなかのものだった。

10年後、この二人はどんな風になっているんだろうかと思った次第

スポンサーサイト

いずみホールの大阪交響楽団

昨夜、いずみホールで大阪交響楽団の定期演奏会に行ってきた。ここはあまり大きくなく周囲の環境もよいので、機会があれば行きたいとはずっと思っていたが、かなり久しぶり。以前に行ったときからすると、もう10年近くになるかもしれない。ただ当日は名曲セレクションというタイトルだけあって、クラシックに疎い人でも一度は耳にしたことはあるだろう超有名な曲目ばかり。最初のモーツアルトのディベルティメントはともかく、あとの2曲は名実ともの名曲だった。

2曲目のメンデルスゾーンのバイオリンコンチェルトは、ソロの黒川侑君26歳の演奏が、期待以上にとてもすばらしくて面白かった。まあここは空間が狭いので、音の聞こえ方がやはりシンフォニーホールとかとはかなり違う。音に張りがあって細部がよく聴こえてくるのがとても新鮮だった。おかげで曲自体の面白さもあらためて堪能できたように思う。

最後のベートーヴェンの運命は、指揮者の佐藤俊太郎さんの感じがそれまであまりつかめなかったので、どんなものなんだろうと興味しんしんで聴いたが、終わってみるとなかなかすばらしい演奏だった。ホールのど真ん中あたりの席だったが、全体に小さいので、あんなに指揮者の後姿を大きくまじまじと見ながら聴くのは久しぶりだった。彼も前半の曲のときとは違い、要所に力動感のあるインプレッシブな指揮ぶりで、ベートーヴェンらしい迫力と広がりも感じて、自分としては十分に楽しませてもらったように思う。

演奏会が終わって外へ出てみると、来るときに激しく降っていた雨もすっかり上がっていた。空を見上げて月を探したものの視界には見えなかったが、さわやかな風が吹き、自分にとっては久しぶりの良夜であった。

外山雄三氏とプーランク

あと書いていなかったことをもう1つ追加しておこう。

先週の10日火曜日に大阪交響楽団の定期演奏会に行ってきたことだ。
指揮が外山雄三氏で、高名な方なので名前はよく知っているが指揮棒を持たれた実物を目にするのは初めて。だから興味しんしんで開演を待っていたが、85歳という年齢にもかかわらず、体力の衰えを感じさせないかくしゃくとした指揮ぶりはなかなかみごとだった。さらに当日がなんとお誕生日で、花束贈呈というサプライズまであって、記憶に残るようなすてきな演奏会だった。

曲は氏ご自身が作曲された「玄奥」に始まり、2曲目がプーランクのバレエ組曲「模範的な動物たち」。休憩をはさんでメインがベートーヴェンの第3番「英雄」。わたし自身は、あまり知らなかったプーランクを非常に面白く思いながら聴いた。最後の「英雄」はさすがと言いたいような聴き応えのあるしっかりした演奏だったが、少し硬かったろうか。

小澤征爾X村上春樹のCD

長ったらしいが正確にCDのタイトルを書くと、「『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック」。『』の中が本のタイトルで、その本のことは少し前に2回ほどここに書いた()が、本はAmazonで買ったので、それからこのCDのことがAmazonの宣伝メールで頻繁に来てうっとおしかった。無視しているとしばらくしてやんだが、先週久しぶりにまたそれが来て、今度はなぜか思わず引っかかって買ってしまった。

cd-ozawamurakami

本を読んだ直後は、内容が鮮明に残っているので、村上春樹氏の端正な文章と内容の面白さに対して生の音楽はかえって雑音のような気がしたのか、まったく欲しいとも思わなかった。でもしばらく時間がたって、本の内容についてぼんやりとした思い出のような淡い後味が残るだけになり、今度は音楽も聴いてあらためて反芻してみるのもいいかと思ったのかもしれない。ただ自分のことながらこういう経緯についてはよく分からないようなところがある。

CDは3枚組。どんな構成だろうと思ったが、開いてみるとまさにタイトルそのまんまで、対談中に聴いていた演奏録音をほぼそのままに集めたもの。ライナーノートは村上氏だが、本の延長、あとがきのような感じの文章だった。ちなみに本の方では、あとがきは小澤さんが書いておられた。

まあ音楽CDとしては「色物」の部類だろう。CDだけではまったく訳がわからない構成で、それぞれは立派なものだとしても、演奏の断片(1楽章だけ)が並んでいるにすぎない。あらためて本を開くのはいったん全部を聴いてからと思っているし、少しは本の内容を覚えているからいいようなものだが、それでも簡単には聴けないのは確か。CD一枚にしても聴き通すというようなわけにはとてもいかない。それぞれの対談場面を少しは覚えているだけに、そんなことをしたら頭がおかしくなってしまうかもしれないと思うくらいだ。

だから、一曲聴いてはもう一度聴き、あるいは数曲聴いて、もう一度一曲ずつ聴きなおすというようなことで、CD一枚聴くのだけで数日かかった。

さてフェイスブックにこのCDを買ったことを書いたら感想文を求められたが、書くまでに少し時間がかかりそうだ。本を開く前と後に少しでも書けたらとは思うが、さてどうなるでしょうか。

カラヤンのディレクション

今日は、先日書いた村上春樹氏の小澤征治氏との「対談?」の本について、書き足らなかったことがあったので補足を。

読後、一番印象に残ったのはカラヤンの「ディレクション」の話しだった。ひどく簡単に私の理解で言うと、音楽を造っていくときの一息の長さのようなことではなかったかと思う。まあ、あまりピントがあっていないかもしれないが、素人の私としてはそれで十分、腑に落ちるように理解するところがあった。確か若いときに買ったレコードではあまり持っていないが、いつごろからか私もカラヤンのファンになっている。その一番急所の理由を教えてもらったような気がした。

そして最初あの本を読み終えたときはよく分からなかったが、時間が経つにつれ、反芻するようにこの話しを思いだすことが多くなった。そして本の最後、スイスでの小澤氏主催の若手音楽家のセミナー?に飛び入り参加されたときのことをドキュメンタリー風に記された部分があるが、あれはまさに、このカラヤンのディレクションをかなり意識して書かれているのではないかといつか思うようになった。


まあこの推測が当たっているどうかはともかく、スイス湖畔のさわやかでやさしい風光を背景に、そこへ偶然に集められた若い人たちの間に生じた、ひそやかな音楽の芽生えと賛歌が、短期間のうちにいきいきと、そしてたくましく育っていくのを、官能的と言っていいくらいの高い調べに乗せて語っておられるのを読むのは、自分にとってなかなかすばらしい経験だった。

閑話休題
そこから最近思い出したのは、作家の井上靖氏のこと。氏には詩集も数冊あり、うろ覚えで不正確かもしれないが、確か「小説は詩の小函」というようなことを書かれていたのではないかと思う。氏の小説は短いものもあるが長編も多く、そのことを読んだときには詩と散文の間に唐突に橋を架けられたような感じで、驚きもあってしばらく考えてみたが、作家でもない私には結局よく分からずじまいだった。

もちろんさっきの村上氏の話しとはかなりトーンも違うから、一緒くたの話しにするのはかなりまずいようにも思うが、そういう「大きな」散文もあるのだということを、少しは理解できるきっかけにはなったように思う。