FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

災害支援プログラム

今日は朝から、大阪城の太陽の広場であったボーイスカウトの「災害支援プログラム」に参加した。大阪連盟の催しで大阪府下全域からかなりの人数が集まった。わたしは裏方の手伝いなので午前七時半に現地集合し、施設用のマーキーテントを張った。まあ、わが城北地区は、大阪城公園はテリトリーの一部と言ってもいい便利な場所なので、多分かなり主導的な役割を担ったのではないかと思う。参加しなかったが間伐材の丸太で簡易トイレを作った人たちもいた。途中、大阪連盟の会長をやっていただいている松下電器の会長(?相談役?)も激励の見回りに来られた。

10時までにはボーイ隊のスカウトたちも集まり、被災者用にたくさんのドーム型テントを色とりどりに張ってくれた。そしてそのあとで看護や救護施設、さっきのトイレなど大人たちが仕立てた緊急施設を見学に回ったそうだ。そうだというのは、わたしは用事があって途中抜けさせてもらい、撤収の午後二時前に戻ってきただけ。

まあ南海地震の可能性や市内の活断層の存在から、いつ大地震があってこの前の神戸のようなことになっても不思議ではないのは確かだ。もしそれが現実になった場合、自分はそれどころでない可能性もあるが、こういう緊急用のテントや施設なら確かにボーイスカウト活動ではお手のもの。阪神大震災以来、公の機関でも訓練やプログラムが整備されてきていると思うし、ボランティアというところで、組織としての体制は弱いと思うが、一度こういう催しをやっておけば、いざというときの動きにかなり差が出るのではないかと思う。

----------------------------------------------------------------------

思えばあの「阪神大震災」は、勤めていた事務所を前年末でやめ、少し休んでから自分の事務所を構えようかという矢先の1月17日だったから、本当に忘れられないできごとになった。翌日だったかとりあえず知人や師匠の住む西宮へ日帰りで様子を見に行き、三日目か四日目くらいに大阪天保山から船に乗って神戸港へ渡った。確か神戸市役所に電話したら、「食べるものも寝るところも保証できませんが、それでもよかったら来てください」と言われ、リュックにおにぎりや着替え、寝袋などを詰めてフェリーに乗り込んだ。

神戸港に着いてからは、きりがなくてとてもここに書けるようなものではないので省くが、高層の市役所の最上階の展望室で三泊した。当初はまったく誰も使っておらず、真っ暗のなか床に寝袋で寝たが、だんだん人が増え最上階まで仕事スペースに変貌してきたこともあり、いったん帰ることにした。最後の四日目は、やっていた震災アドバイザーのような仕事で東部のコースを選び、当時大阪からもっとも西まで延びていた阪神電鉄の青木駅まで、ボランティアをやりながら歩いて帰った。

ようやくたどりついた青木駅で、阪神電車にうすぎたないジーパンにリュック姿で乗りこんだが、梅田に着き、JRに乗り換えて階段を登り、まだ明るい環状線のホームに出たときに突然感じた異様さと激しい違和感は本当にショックで、一生忘れられないだろう。ちょうど夕方の通勤時間帯で、アイロンのかかったネクタイと糊のきいたシャツを着こんだ普段のスーツ・コート姿のビジネスマンがごった返す、あまりにあたりまえで日常的な駅の風景だったからだ。今ここに立っている疲れて薄汚れた自分はいったい何なんだろうと思うと同時に、その中へ入ってまぎれてしまうことを、多分、自分自身のどこかで激しく拒否する気持ちがあったのだろうと思う。
防災訓練2008

スポンサーサイト

夏の花2008

むくげの花2008
大阪近郊で撮ったムクゲの花。韓国の国花でもあるし、夏の貴重な花の代表格で最近はよく植わっているのを目にする。携帯電話のカメラで撮ったので画像が悪いが、さわやかな感じがする花だ。書いていて思い出したが、確か芭蕉翁の句で馬がむしゃむしゃ食ってしまうというのがあった。今WEBで検索すると簡単に見つかったのであげておきます。(のざらし紀行)

道のべの 木槿(むくげ)は馬に 食はれけり

下はサルスベリの花。夏の花の代表と言えば、多分これを筆頭にあげないといけないのかもしれない。白花もあるが、よく見るのはこのピンク。うすい赤色が何ともいえないような色調で、昔から好きな花だ。仕事でもよく植える。京都や奈良の古い伝統的な庭でもよく見るが、最近の洋風の庭にもよく似合う。
サルスベリの花2008
あと、夏の花といえば自分の好きなものとしてネムノキがある。花の写真がないのが残念だが、リンクをつけておきます。じつは先月、カブ隊のキャンプに同行したとき、山中にたくさん咲いていたのだが、高木ばかりで、うまく写真を撮ることができなかった。本当に夢か幻のようなと形容したいくらいの独特の風情を持つ花だ。確か以前ここに書いたような気もするが、これにも芭蕉が「奥の細道」に記した華麗な句がある。再度あげておこう。

象潟(きさがた)や 雨に西施(せいし)が ねぶの花

夏キャンプ 2008

夏キャンプ2008
ボーイスカウト活動で一年のメインイベント、夏のキャンプが終わった。上の写真は、一日目にカブスカウト隊について行ったオリエンテーリング。山林の中を一時間半ほどハイキングしたが、ある所では木漏れ日があたりに散って夢のように美しかった。たしかに常緑樹は赤松が多く、葉の厚いカシやシイ、モチなどは少なくて、薄くて可憐な葉の落葉樹がほとんどだったので、樹林内は意外にさわやかな景色だった。標高は下の泊まったあたりで570メートルくらい。私も一泊はテントで寝たが、夜は少し寒く、寝袋のジッパーを上まであげて寝た。下は野営キャンプ場の炊事場の写真。ボーイ隊の活動拠点で、撮っている背後に屋根だけの大きなテントがあり、そこが本部になった。
夏キャンプ2008-2
今年は団の45周年の記念の年でもあり、関係者も含めて全員参加の記念式典の催しもある団全体の記念キャンプ。場所は以前下見の様子をここにも書いた能勢の大阪府立青少年野外活動センター。府内にしたのは保護者や関係者が参加しやすいように。ただ、ここも橋本知事の号令で3年後には閉鎖が決まってしまったそうだ。自分の子どもたちも小さい頃お世話になった所なので、ちょっと残念。

まあ今回心配した雨もほとんどなく、全員事故もなく無事で帰って来られたし、子どもたちも自然を満喫できたようで、今年はわが団単独で規模は小さかったものの、なかなかよいキャンプだったと思う。