FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

追記:音楽のたのしみ

この前のを書いてから、引き続いて今度はこれももちろん久しぶりにベートーヴェンを聞きたくなり、交響曲の七番をかけた。ショルティとシカゴの組み合わせ。これは・・・とにかく圧倒された。「七番」ではオットー・クレンぺラーのレコードが以前手元にあり、これが今でも自分にとっては最高と思っているが、今ではそんな指揮者うんぬんははるか彼方の果てで、とにかくベートーベンの作った音楽の強烈な凝縮力と推進力に、体が震え上がる思いがした。こういう経験ができただけでも久しぶりにCDを聴いたかいがあったと思った。

そういえばもちろんショルティが退いてからだったと思うが、10年以上も前にシカゴ交響楽団が大阪に来たときに聴いたことがあった。そんなに遠くなく見た覚えがあるので多分シンフォニーホールだったか。ベートーヴェンもやったかもしれないが、せいぜい八番を中間の二曲目にというくらいだったろう。確かメインはR.シュトラウスだったと思う。金管がすごいという思いこみがあったので注目したが、何と女性奏者が何人もおり、確かに演奏の迫力はすごくてそれなりに体格も十分ではあったが、何より大和なでしことのフィジカルな面でのその圧倒的な差異に瞠目させられた覚えがある。

サー・ゲオルグ・ショルティは今調べると1997年の九月に84歳で亡くなっている。実はその前にもう一人調べた人がいた。彫刻家の高田博厚氏だった。音楽について氏から本の中でいろんなことを教えてもらった覚えがあるので、クラシック音楽のことを書いていて思い出したのだ。もうはるか高齢のはずだが訃報を聞いた覚えがないので調べたのだったが、検索すると簡単に見つかり、すでに1987年六月に86歳で亡くなっておられてこれは本当にびっくりした。確か1985,6年に(レーモンド事務所を辞めて大阪へ帰ってきてからだ)自宅のステレオに流れたNHKのFMの昼過ぎのクラシック番組で、解説者として話されているのを聴いた記憶があったからだ。うかつにもそれからまもなく亡くなったことになる。私が氏の声を聞いたのは結局これが唯一の経験になったわけで、回顧展にも行けなかったのは本当に悔やまれる。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

日曜日の朝に家を出て、さっきようやく、リビアの宿舎に着きました。今、日本時間で、23日になったところ、現地時間で22日、午後5時です。
1.まず仕事のメールをチェックする。急ぎが無かったのでほっとする。
2.次に、尺八(8寸と6寸)をとりだして、割れが無いかチェックする。ついでに、少々、ウオームアップをする。一番低い音と高い音がまともに出るようなので、ほっとする。
3.荷開けは、一息ついてからにしようか。
というタイミングで、書いています。
私も、仕事のパソコンのメディアプレーヤーに、ずいぶん音楽を入れています。尺八かジャズのカラオケが主です。
こちらも大したスピーカーではありませんが、しかし、すごい演奏は、再生機械のよしあしにかかわらず、響いてくるものと思います。
かなり眠いですが、ここで寝てしまうと永遠に時差ぼけが直らないので、荷開けの後は、本を読むか、カラオケ尺八で時間をつなぐつもりです。

新平 | URL | 2007年01月23日(Tue)00:29 [EDIT]


禁酒

遠路お疲れ様でした。七時間ほどの時差があるようだから、今は仕事中でしょうね。
さて、このまえ受けた健康診断の結果が昨日出てきて、いくつかの値が高かった。一応、要注意だそうだ。原因はまあ運動不足とアルコールだろうと検討はつく。去年は父のことがあって確かに少し増えたかと思う。だからと言って禁酒するつもりは毛頭ないが、まあそちらは強制的に禁酒状態になるわけで、こうなるとちょっとうらやましいかもしれない。

松田 | URL | 2007年01月24日(Wed)20:08 [EDIT]


禁酒

「一応要注意」という言い方ですと、まあたいしたことなさそうですね。それより、「およそ標準体重と思われる松田さんでも引っかかるのか」という驚きのほうが大きいです。
ちなみに、私も、「中性脂肪が少々高い」といわれて3年目ですが、これだけ酒を飲んでいないにもかかわらず、ぜんぜんだめです。
かえって、帰国時に「ため飲み」するのが悪いにかなあ?なんかこのところ、私の腹はらくだのこぶのごとく、75kg(リビア) から80kg(日本)を行ったり来たりしています。

新平 | URL | 2007年01月24日(Wed)21:36 [EDIT]


ジャズのからおけ?

読み落としていたが、最初のコメントで「尺八かジャズのカラオケ」とある。尺八のカラオケは多分ないだろうが、ジャズのカラオケって、もしかすると歌っているの?
一人で部屋にこもってYou'd be so nice to come home to~v-198なんてやってるのかしら?今度ぜひ聴かせてもらおう。

松田 | URL | 2007年01月25日(Thu)17:16 [EDIT]


ジャズのカラオケ?

ごめん、これ正確に言うと「ジャズサックスのマイナスワンCDを、尺八で演奏する」というジャンルになります。
当初、フルートのマイナスワンも試してみましたが、尺八にはサックスの方がぴったりきます。
一軒家なので、伴奏の方もそこそこの音量が出せますし、何より、尺八では困難と思われていたアドリブのフレーズが、練習を重ねると、そこそこできるようになるので楽しいです。
Star Dust・My Fany Valentaine・Left Alone・My Favorite Things あたりは、自分で言うのもなんですが、そこそこいいです。

新平 | URL | 2007年01月26日(Fri)01:12 [EDIT]


お元気ですか

お元気ですか。沖縄の平良です。
荒木さんのホ-ムペ-ジを見ていたら、松田さんのホ-ムペ-ジにたどり着きました。あい変わらず音楽のことがブログに書いてありますね。松田さんと飲みに行った帰りに松田さんの下宿で、クラシックのレコ-ドを聴かせてもらった事を思い出しました。なつかしいですね。またちょくちょくおじゃましますね。

オサ虫 | URL | 2007年02月02日(Fri)04:47 [EDIT]


久しぶり

おお、これは本当に久しぶり!ですね。いつぞやは沖縄でお世話になりました。ブログもちょっと拝見しましたが、元気そうで、また幸せそうな感じで何よりです。咲いているのはカンヒザクラかしら。ヤエザクラのようなイメージを持っていましたが、意外に枝ぶりはきゃしゃなんですね。でもさすがは沖縄。

こちらも暖冬でしたが、ようやくちょっと冷え込んできたようです。ぼちぼちしか書けていませんが、またのぞいてみて下さい。そういえばあまりに遠いかと思って今まで声をかけませんでしたが、よかったら今年の「赤垣会」、参加してみませんか?

松田 | URL | 2007年02月02日(Fri)10:45 [EDIT]