FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

カブラリー2007

いよいよゴールデンウィークが始まった。といっても今年は、本当に久しぶりに忙しい時期に重なってしまい、例年のようにのんびりした気分ばかりではいられないのは残念だ。でも連休の最初は、ボーイスカウトのお手伝いに行ってきた。

昨日、大阪連盟主催の「カブ・ラリー」という催しがあり、府下のカブスカウト3000名ほどが淀川の河川敷に集結。今年はボーイスカウトがイギリスで始まって100年という記念の年でもあるそうで、催しも多彩で好天にも恵まれて、あたり一帯が子どもたちの歓声にあふれる一日となった。毎年場所は変るが、今年の淀川河川敷はわが城北地区のテリトリーなので、城北の関係者は前日土曜日の夕方から準備に出かけた。

人数がぜんぜん足りないということだったので私も行ったのだが、そんなアナウンスがあったからだろう、えてしてそういうときは予想外に大勢が集まり、作業も予定より早く片付いて、場所を変えて前祝いで大人の宴会となった。でも夜になって河川敷は風が強くけっこう寒かったので、作業は年配の方には多少きつかったようだ。

まあボーイスカウトの集まりだからお店にはいかず、ある団のスカウトルームに自転車や車で移動。ここがこどものときにあこがれた「秘密基地」を大きくしたような不思議な場所で、工事現場によくある古いレンタル事務所が建っていて、脇の倉庫から道具一式を引き出し、プロパンガスで四台のコンロを使って鍋の宴会となった。メニューの材料は用意されていて、皆で(まあ若い人が中心だが)手際よく洗って並べてあっという間に準備が完了。飲めない人もいるし翌朝も早いので帰った人も多かったが30名以上は残っていたただろうか、若手から年配まで巾の広い顔ぶれで、本当に気のおけない楽しい酒宴となった。

下の写真は当日の閉会式の模様。最後に「ビリーブ」という歌をみんなで合唱したときはちょっと感動的だった。
カブラリー2007

次は、前夜一番遅くまでかかったモンキーブリッジ。初め丸太で組んだときはちょっと不安な感じがしたが、凝り性が集まっているので、どんどん補強が入り、いつのまにかかなり頑丈になっていて、翌日他の地区も二つほど作っていたが、一番見栄えのする立派なものになっていた。

モンキーブリッジ
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます