FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

石切神社

石切神社へ行ってきた。「お百度参り」について調べる必要があって、WEBで検索したら石切神社が有名だという記事が出てきて内容も面白かったので、あらためて「石切神社」で調べると出るわ出るわ、ブログが主だがともかく記事の多さにびっくりした。参道の商店街についての紹介がほとんどだったが、細い参道にはたくさんのみやげ物屋が鈴なりの盛況で、しかもそこは占い師の巣のようなところでもあるらしく、「生きている(生々しい?)宗教」がこんな身近にあったのに驚き、一度見に行ってこようと思った次第。

行ってみると確かにすごかった。京都以外でこんな参道はあまり見たことがなかったと思う。お百度参りは、名前くらいは知っていたが具体的にはあまりイメージしたこともなかったので、興味津々。行ってみるとお百度石が二本、鳥居から本殿までの短い石畳の上に少し離れて建っているだけ。今日は平日だし、残暑も厳しく参道の商店街も人影は少なかったが、ここまで来るとたくさんの人がいた。そのときも7、8人のまさしく老若男女がお百度石の頭を次々になでながらぐるぐると回っておられる。しばし時計で計ってみるとみな早足で一周約25~30秒くらいか。またそれに参加しない参詣者も、今日はぼちぼちだろうが、絶え間なく来られている。

これでは休日ともなるとすごいことになるのだろうなと思わずため息が出たくらい。確かに参道の商店街の店の数と種類の多さを見ても想像がつく。検索したブログの記事では、すごい人出のときで、百回回るのに二時間近くかかったと書いてあったが、さっきの計測で計算すると1時間もかからないので、休日の混雑した光景が目に浮かぶようだった。
石切神社

百度石

スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

石切剱箭神社

先日はお世話になりました。一般には「石切神社」で通じるんですが、現地に行ってみると↑のような社号が書いてあるんで読めずに戸惑ったとか、「最寄りの駅は近鉄の石切と新石切があって、新石切の方が歩く距離短いけど、参道は石切で降りないと面白くないで」と地元の先達に教えてもらった事を、思い出されました。

F本 | URL | 2007年09月08日(Sat)22:40 [EDIT]


ありがとう

こちらこそ、先日はありがとう。映画会は、入れないような盛況ではなかったのですが、行ってみるとまだ音が出ないような状況で、それからまずスピーカーさがしで大騒ぎになってしまって、結局途中で電話するのも忘れてしまいました。ごめんなさい。次の機会はぜひ。

石切神社、正式名称は「いしきりつるぎや神社」でしたね。わたしは、行きは近鉄奈良線で、帰りは府立中央図書館へ調べ物に行ったので、新石切に。スタッフは分かれて暑い中、元の駅へ戻ってもらいました。でも今や「東京支店」まであるのには驚いた。

松田 | URL | 2007年09月09日(Sun)12:22 [EDIT]


みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

みんな の プロフィール | URL | 2007年12月15日(Sat)07:19 [EDIT]