FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確認申請

ようやく確認申請が下りた。出したのが8月7日だったので二ヶ月近くかかったことになる。コンクリート構造なので正規の構造計算書もあったが、単なる住宅でこれほどまでかかるとは、はっきり言って予想していなかった。まあ巷のうわさなどを聞いていると、これでも早いのかもしれないが、日数はともかく、後での変更が一切できないというのはあまりに乱暴な話しで、現場を知らないお役人のその場しのぎのご都合主義の結果だとすれば、正直言って本当に怒りを覚える。

今回も民間の確認申請機関に頼んだのだが、そこもすさまじい状態で、完全に処理能力の限界を超えているような状況だと感じた。姉歯問題は確かに今までの確認申請について何らか見直すべききっかけではあったと思うが、その結果、いたずらにチェック項目のみを拡大し、民間参入後せっかく余裕ができたはずの、実際にチェックする業務能力さえ麻痺させるような事態を招いたのは一体どういうつもりなのだろうか。さらにチェック機構を拡大すればよいと言うのだとすれば、極論だがあえて言えば、それでは北朝鮮にも似た「警察国家」つまりは一種の全体主義の方向ではないか。そこには独裁者はいないが、かわりに同じくらい恐ろしい「正義」というやっかいな存在がいる。

「真・善・美」という古来の三大価値に「正義」が入っていないのは、やはりそれがどこか曖昧で擬似的な価値だからだと思う。「正真正銘」という顔はしているが、一種の「できそこない」で、時と場合によっていろんな衣をまとって出現するが、混ざってしまった不純物の性質によっては、本当に目を覆いたくなるような惨劇を招いてきたというのが歴史の教えてくれるところだ。

まあともかく、青白い頬をした「正義」にすがりつき、国交省の手下を増やすことばかりに熱中しているようでは、「客観的」に扱えないような肝心の日本の建築文化などはどう考えてもらっているのか、はなはだ心もとないように思う
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

そうですよね

ちょくちょく拝見しています。継続して更新感服します。僕も努力しないと・・・。最近寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。応援しています。

アキ | URL | 2008年11月11日(Tue)11:11 [EDIT]


ありがとう

かなり古い記事へのコメントなので、ちょっととまどっていますが、たしかにこの記事はブログの中でももっとも拍手の多いものの一つです。応援、心強く思います。ありがとうございました。

松田 | URL | 2008年11月11日(Tue)20:02 [EDIT]


  トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「建てる前」に読む本―非営利第三者機関が

様々な情報が溢れている中で、本書ほど公平・中立の立場で家づくりと向き合った本に出会ったことがなかった。バックに資金力のある会社が自社に有利な情報を流すための怪しげな本が散乱する中、さすがNPO法人の出版した本だと関心した。誰でも欠陥住宅には住みたくないと

建築文化をあげる 2007年09月30日(Sun) 06:07


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。