FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

「石井修さんを偲ぶ会」

昨日、タイトルの会が、本町の綿業会館大ホールであった。石井先生が亡くなられたのが9月12日だったので、ほぼ百か日ほどになる。なかなかの盛況で、司会には石井先生の美建.設計事務所で大先輩にあたる竹原義二さんが立たれた。全員で黙とうのあと、建築家協会の次期会長になられる予定の出江寛氏、建築雑誌である「住宅建築」編集長の平良氏、同じく「新建築」編集長の大森氏が次々に挨拶に立たれた。それから建築家の吉村篤一さんの音頭で正面の遺影に向かって一同で献杯。参加者は130名くらいだったが、安藤忠雄氏も少し遅れて来られていたのには驚かされた。

わたしは何とも言えないような気持ちで、お酒が好きだった石井先生の供養だからと、テーブルに用意されていた日本酒をぐいぐい飲んだ。出張で宿泊するような遠方の仕事のときは、二人だけで、食後も場所を変え、遅くまでご一緒に飲んだ思い出がたくさんある。

二次会は、やはり美建出身の遠藤周平氏の手配で、某イタリアンレストラン。10年ほど前に、石井先生を囲んだ会をここでやったのを思い出した。でもさっきの日本酒が回ってきたのか久しぶりに悪酔いしてしまったようだ。大御所を含め有名な建築家たちもたくさんいたので、少し緊張していたのかもしれない。今朝は久しぶりの二日酔いだった。

でも私にとっては他の意味でもなかなか辛い一夜であった。心からご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます