FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

四季の庭

今日は日曜日だが、朝から羽曳野の医院の竣工写真の撮影に立ち会う。ようやくできたかという感慨がある。ここでも何回か書いた植栽の写真をUPする。これはリハビリテーション室の前の庭。背後の壁が段々になっているのはその後ろにある駐車場の都合(斜めに車をとめている)。

四季の庭

四季を通じて華やかな景色あらんと思い、右端は春真っ先に咲く花でコブシの木(樹自体はほとんど写っていないが)。実の形状からその名前がついた。中央のくぼみには株立ちのヤマボウシ、晩春から初夏にかけて白い十字型の花をつける。左側はカツラ、ハート型の葉で秋の黄葉が美しい。あと写真には写っていないが左側にもう一つ同じようなくぼみがあり、ネムノキを植えている。四つあわせて「四季の庭」。

ネムはやせぎすの体つきで、樹木自体はそれほど好きではないが、花のまれな夏季に、夢みるような妖艶かつ茫洋たる花を咲かせ、その風情には他に代えがたいものがある。ここで引くにはちょっとまずいかもしれないが、前回短歌が出たついでに、奥の細道から一句。

象潟や雨に西施が合歓の花
きさがたや あめにせいしが ねむ(ねぶ)のはな

そういえば、今日の撮影は雨にたたられたのだった。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

芭蕉

秋田県のお題をいただき、ありがとうございます。
「象潟はうらむが如し」という芭蕉の言葉ですが、今は、「九十九島」が鳥海山の火山活動ですべて陸地になってしまい、かつての名勝は偲ぶべくもなく。
しかし、家一軒の中に、これほどまでの魑魅魍魎が潜んでいるとは…
すげえ。

新平 | URL | 2005年10月24日(Mon)13:11 [EDIT]


象潟

コメントありがとう。そうか象潟は秋田県でしたね。お題をふったつもりはなかったのですが。でも今は昔の面影はないというのは知っていたので、場所さえもぼんやりとしか分かりません。行ったことはありますか?

松田 | URL | 2005年10月24日(Mon)20:29 [EDIT]


小学校4年生の遠足で行きました。秋田の南、日本海沿岸で山形との県境に近いあたりです。
蚶満寺(かんまんじ)の境内にその歌碑がありますよ。一面の水田の中に、松が茂った小山が点々とあって、これがかつての島だったということでした。
近年、あのあたりの松は、松食虫の被害で見るも無残な姿らしく、いまはどうなっているか?
ちなみに蚶満寺は、司馬遼太郎の「街道を行く」にも出てきます。

新平 | URL | 2005年10月25日(Tue)06:53 [EDIT]