FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

石井修氏とレーモンドスタイル

昨日午前中、神戸へ行ってきた。阪急岡本駅から山手の方へ。去年亡くなられた美建.設計事務所の石井先生の古い作品の見学。関西大学の木下光先生が訪問されるということを聞き、便乗させてもらった。タクシーを降りてしばらく周りを歩き、外観を眺めてからインターホンを押した。娘さんお二人が出てこられたが、高齢のお母様の具合がこのところ悪くて、中へ入れてもらえなかったのは残念だった。それでも玄関から少しだけ中の様子をうかがわせてもらった。

電柱丸太を9本用いたローコストがテーマの住宅で、ベニヤ板の内装を久しぶりに見てなつかしかった。外観右側で真壁になっている細い丸太の横縞が印象的。全体的なデザインはまだまだレーモンドや吉村順三氏の影響下にあると言ってよいと思うが、これ以降次第に露わになる石井先生の「縄文的」な情念がここに垣間見える。ちなみに写真でこちら側の面も同じデザインだったのだが、北側なのでいたみが激しく、黒色銅版に張り替えられている。でも定期的に手入れがきちんとされてきていて、お嬢さんたちにインタビューされた木下先生もしきりに感心されていた。
美建A邸

次の写真は同じ造成地にある美建のもう一軒の住宅。先の家で、すぐ近くだと教えてもらって訪ねた。年譜では同じ1968年竣工となっているが、一年ほどあとにできたとのこと。お留守だったが、こちらはいわゆるレーモンドスタイルの木造にかなり近くて、わたしにとってはそういう意味でも感慨深かった。
美建M邸

それから大阪に戻って、今度は高松の名高い家具工房である桜木工の展示会を訪ねた。場所は天満橋にあるTSビルのギャラリー。これはいまや世界的な建築家となった安藤忠雄氏が、ようやく激しい上昇気流に乗られたころの作品で、来るのは初めてだが雑誌で見てわたしの記憶にも残っていた。経済評論家で作家の堺屋太一氏のビルだ。安藤さんの作品を見るのは久しぶりだったが、やはりさすがという感じ。ただ内外ともコンクリート打ち放しのせいだろう、エアコンがききすぎていた。おそらく中にずっといる人たちにとっては、コートを脱いで軽装だと、壁にかなり輻射熱を奪われるので寒く感じ、設定温度を上げてしまうのだろうと思った。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます