FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

大槻能楽堂

昨日の土曜日、知り合いのつてでチケットが手に入ったので、能の公演に行って来た。大阪観世九皐(かんぜきゅうこう)会の九月公演で、場所は大槻(おおつき)能楽堂。大阪市中央区上町にあり、電車で一駅程度のまあ近いところだから歩いて出かけた。お能を見るのは本当に久しぶりのことで、この大槻能楽堂も前の道はよく通っているが、入るのは今回が初めてだ。また大阪へ戻ってきてからは、興福寺の薪能を見たことがあるが、屋内で見るのはこれが初めて。

自分はまだ二十歳代だったが、東京のレーモンド設計事務所に勤めていたとき、たしか千駄ヶ谷の国立能楽堂がオープンして間もないころで、建築健保組合の催しで定期公演?のチケットが安く買えたのでよく見に行った。でも知識がないからあまりよく分からないが、地味な演目が多かったように思う(時々眠かった)。

東京時代で一番記憶に残っているのは、明治神宮であった薪能で、これはすばらしい経験だった。他にもやったと思うが「紅葉狩(もみじがり)」という演目の名前まで覚えている。場所のしつらえも広々として豪華だったが、たしか大手建設会社から回ってきたチケットで、上司に連れて行ってもらったのだった。

昨日は、世阿弥の「班女(はんじょ)」と「遊行柳(ゆぎょうやなぎ)」の間に「伯母ヶ酒」という狂言が入り、あと前半と後半の初めに仕舞が三曲ずつあった。都合4時間半でかなりの満腹気分になったが、久しぶりで本当にとても面白かった。まあ若いころと比べれば、古典についての知識(雑学でしかないが)がはるかに増えているのが大きいと思う。あと能装束の美しかったこと!シテの着物の生地の色や模様もそうだが、とくに後半の遊行上人(しょうにん:ワキ))の威風堂々とした装束はすばらしかった。出てきたとき、その「姿・形」がとても新鮮でおもしろくて、しばし見ほれてしまった。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます