FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

花のなごりに

今年は、ちょうど花の季節の寸前に少し寒い日が続き、サクラも久しぶりに入学式の時期にもまだ咲いていて、それなりに印象的な春になった。

でも温暖化ともあいまって、今年の花の様子はかなり変だと思う。今までなら一緒に見ることなどなかった花が、今一斉に咲いているのだ。今週見た花でとりあえず自分が知っているのを思いつくまま記すと、サクラ数種、シャガ、コデマリ、ヤマブキ、フジ、ツツジ、ツバキ、ユキヤナギ、キクモモ、ハナミズキなどなど。名前の知らない花まで含めると驚くくらいある。

コデマリとヤマブキ2009

藤の花2009
写真は両方とも今朝、事務所に出掛けに裏の公園で撮ったものだ。最初のはコデマリとヤマブキで、次のはフジの花。他に公園ではシャガやモモにツツジなども咲いていた。百花繚乱というと、ちょっと違うような気もするが、気温に反応するのやら、日照時間が延びて気がつくのやら、多分植物によって春の把握もいろいろあるようで、遅かったり早かったり、おもしろいと思った。

さて唐突だが終わる前に、昨日書きそびれた西行法師の歌を書いておこうと思う。
最近読み返した昔の本に出ていて、ちょっと心に響いた歌だ。

葉がくれに 散りとどまれる 花のみぞ
忍びし人に 逢う心地する
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

藤の花

テニスコートの藤の花が、先初めとなりました。
例年なら、連休の花ですので、どうやら東京も変ですね。

ところで西行、臆面もなくいいますが、この「花」のような人に、たまらなく惹かれます。これは、私の、生まれ持った性質のように思われます。

新平 | URL | 2009年04月20日(Mon)19:14 [EDIT]


憧憬

永遠なる女性、つまり理想の女性像というのは全ての男性にあるんだろうね。もちろん人によって違うから、世界も比較的平和なのかもしれない。でもそれをいやおうなしに引き出してくる西行法師はやっぱりすごいな。

松田 | URL | 2009年04月21日(Tue)21:20 [EDIT]