FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

二つの40畳

前回の北澤氏の講演で、印象的だったことを一つ。あの12角形の部屋の大きさが「40畳」だと話されたことだ。40畳といえば20坪。狭小敷地でもありえる大きさで、住宅の一部屋の大きさとしてはかなりのものだろう。でも私の記憶の中には、もう一つの「40畳」の部屋がある。それは今は亡き師匠、石井修先生のご自宅の居間(食堂)だ。この家の雑誌発表時の名前は「回帰草庵」というので、以下その名前で呼ぶ。石井先生主宰(しゅさい)の美建.設計事務所で、私もたくさんの住宅設計に関わったが、この回帰草庵の「40畳」がよく先生の話しに出てきた。ご自分の住まいなので、その広さを詳細なまで具体的に感覚されていて、常に部屋の広さの一つの基準になっていたのだろうと思う。

話は変わるが、レーモンド事務所の北澤氏よりさらにずっと先輩に、これも今は亡き吉村順三氏という建築家がおられるが、実は石井先生は、その事務所におられたことはないものの、吉村氏に対して師としての尊敬の念を持っておられたと思う。次の話は石井先生から直接聞いたわけではないが、あるとき吉村氏が回帰草庵を訪問され、入るなり、たしか「まるでアメリカだね」とか言われたという記事をどこかで読んだ覚えがある。そこにはおそらく部屋のスケールのこともあっただろう。まあ石井先生とレーモンドには、直接の関わりはなかっただろうが、先生は少なくともマスコミを通じてレーモンドの作品にはふれておられただろうし、吉村氏を通じて話しは聞いておられたはずだ。

もちろんこういうような関係と上にあげた二つの「40畳」にはあまり関連はないと思うが、「40畳」つながりでいろんなことが頭の中を横切って行ったので、メモ代わりにでも書いておこうと思ったのだ。でも今回は、建築設計業界以外の人には、まったく意味不明の話になってしまった。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年11月08日(Sun)23:25 [EDIT]