FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

赤垣会と忘年会2009

昨日は、恒例の赤垣会(あかがきかい)。東京のレーモンド事務所時代の仲間の集まりだと毎年書いているが、もう何年続いているんだろうか。25年くらいは間違いないと思うが正確にはよく分からない。誰か把握している人がいるだろうか。毎年幹事役をしてくれているK氏なら分かるかしら。

閑話休題(かんわきゅうだい)。今年はいつものメンバーに加え3年ぶりにU君が参加。あと去年も参加されたがレーモンドの大阪事務所をやっておられたT氏(昨年引退された)が今年も来られて総勢7人。会場は去年と同じ梅田の太融寺(たいゆうじ)脇の菊寿司で、鯛(タイ)のしゃぶしゃぶ。昨年の味が好評でリクエストが出て今年も同じ鍋だったが、たしかに美味だった。まあ私は去年のはあまり覚えていないのだが。

東京組はこの週末にかけて来ていて、昨日は京都五条の河井寛次郎記念館を皮切りに、三条四条のあたりを徘徊(はいかい)したそうだ。私は仕事で、ぎりぎりで竣工した建物の引渡しが一軒あって、夜の宴会だけの参加だったが、少し遅れて会場に着いた。でもこの木曜日の夕方から熱を出し、金曜日は終日家で寝ていたのでまだ体調がひどく、残念ながら一次会で切り上げさせてもらいタクシーで帰宅した。今日は事前の話からすると、修理の終わった唐招提寺がある西ノ京へ行ったのだろうか。今年は宴会以外まったくつきあえなくて残念だった。(まあ無理しなかったおかげで今日はかなり体調もよくなった。おかげでこれを書けているわけだが)

忘年会というと赤垣会のほかに、この12日に京都は先斗町(ぽんとちょう)のひろ作であった集まりも、どうやら恒例化してきたようで、そのほかに、先日ここに書いたクリスマス会の後であったボーイスカウトのと、仕事関係のが最低一回はあるので、毎年四回は定例のようになってきた。

ここにはまだ書かなかったが12日のひろ作での会は、京都での大学時代の仲間たちの集まりだから、赤垣会よりもさらに古い。でも今までは毎年一回くらいはあっても不定期だった。東京や博多から駆けつけてくる人もいて、日程がビシッと決まる。赤垣会も東京組が主催のようなかっこうなので日程はタイトだ。8月にもなれば少しずつそういう音沙汰が聞こえてきて、序曲の始まりのようなかたちで歳の深まりを感じられるようになってきた。

今年のひろ作の会は、T君が千葉県代表で尺八の全国大会に出るとのことで、たまたまか、NHKで伝統芸能のプロデューサーをやっているS君も顔を出し、隣の店から三味線を借りてきて、興に乗って玄人(くろうと)はだしの演奏を二人でやってくれたのはすばらしかった。とくに三味線を弾きながらのS君の謡(うたい)は絶品で、常盤津(ときわづ)というのか何かよく分からないが、本当に堪能(たんのう)させてもらった。みごとな音楽というか音曲は、まったく一瞬にして独自の「空間」をその場に築き上げることができるようだ。部屋の中が時代ごと変ってしまったのには驚いた。
尺八と三味線

でもこのときも体調がいまいちで、一次会で帰宅した。来年はもっと存分に楽しめる歳の瀬となるように今から祈りたい。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

読んでますよ

カザフスタンでも読んでますよ。
こっちの連中の忘年会(日本人は私だけ)でも一曲やりました。

体調、気をつけて。

新平 | URL | 2009年12月29日(Tue)11:37 [EDIT]


気をつけて

そっちの正月の様子などまた教えてください。まあクリスマスなんてないんだろうな。でもカザフの国だからコザックも関係ある? そうだとすれば遊牧の文化も関係あるんだろうか。夏に来た奥さんにはそういう雰囲気もあったが。それともコザックは単なる暴れん坊集団のことだったかしら?
ps.写真も載せときました。

松田 | URL | 2009年12月30日(Wed)16:18 [EDIT]


写真、ありがとうございます。

結局、12月31日の最後の最後まで、バタバタと仕事をしております。
当地は、カザフ人7割(もとは遊牧民で基本的にモスリム)ロシア人3割(ロシア正教)ですが、ロシア人に引っ張られて、それなりに正月は祝うみたいです。31日深夜より、親族が集まり、夜通し酒をのむそうです。
1月1日~1月3日(正月)、1月7日~1月9日(ロシア人のクリスマス)が休日となります。
複数民族国家なので、うまく折衷洋を取り入れているのでしょう。

カザフ人は、顔の造りが日本人に良く似ていて、私自信、道を聞かれたりするほどです。蒙古班もあるそうです。
女性は、私好みの美人が多い。
そういう意味で、親しみやすい国ではありますが、いかんせん、言葉が通じない。これは、厳しい。
リビアの方が、ずっとましでした。



新平 | URL | 2009年12月31日(Thu)15:02 [EDIT]