FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

トルコ料理など

友人から、トルコではやっぱり羊を食べるのかと聞かれたので、そのことなど。

トルコ人はもともと中央アジアの遊牧民だから、かなり羊は食べるようだ。ただやはり臭いの問題があって、日本人ツアー向けにはあまり出てこないでしょうと、トルコ人のガイド嬢がバスで話していた。と言いながら、トルコの羊は臭いがあまりなくて、とてもおいしいと宣伝していたが。

一度だけ串にさしたシシカバブ?の料理が昼食に出たが、ほとんど牛肉で、根元に小さな一切れだけ羊の脂身を刺してあった。添乗員嬢によれば、香り付けのためだそうで、食べなくてもよいとのこと。でも世界三大料理の仏中以外の残る一つがトルコ料理だとは、今回初めて知った。確かに、オスマントルコ帝国時代の宮殿やハーレムも見たが、その宮廷料理ともなれば、さぞやすばらしいものだったろうと思う。

ただわれわれは、朝夕はほとんどバイキング形式で、日本人であふれる(たまに中国韓国)大食堂だったので、とても料理を堪能するような感じではなかった。まあ食べた中では、昼食に二回出た魚料理がおいしかったのが印象的。ただ地元では高級料理の部類だそうで、トルコ人はやっぱり肉が好きで、特別な時などに、たまに魚レストランへ行くだけだそうだ。

あとチューリップとヨーグルトは、実はトルコ発祥のもので、トルコ人は宣伝がへたなのでくやしいとガイド嬢はなげいていた。チューリップは咲いていなかったが、ヨーグルトは料理にふんだんに使われているようだった。甘くするのではなく、塩味の飲み物があったり、スープには必ず入っていた。最初、酸っぱいので違和感を覚えたが、ヨーグルトのせいだと分かってからは、なかなかおいしいと思えるようになった。

あとガイド嬢によると、トルコは政教分離ができているし、今のトルコ人はイスラムの教えにはかなり「いいかげん」だとのこと。まあ何より本人がそうみたいだったが、確かにイスタンブールではスカーフをしている人はたまに見かけるくらいだった。酒も飲む(もちろん戒律を守って飲まない人もいるが)。ただ中西部の大きな都市であるコンヤという所へ行ったときは、ここは某宗派の発祥の地で、ここの人は戒律に厳しいですと説明された。確かに町を行くと、女性はみんなスカーフをしていた。
スポンサーサイト



  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます