FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

ウォーキング

このところ、久しぶりに仕事がたてこんできて、なかなかここを書くことができなかった。あっという間に一ヶ月以上経ってしまった感じ。まだ忙しいのだが、ブログのサイトから警告が出たので、しばらくしたら書こうと思っていた近況を少し。

先月末から、ウォーキングを始めた。最近少しお腹が出てきたと自分でも思うが、あちらこちらでたびたび、少し太ったんじゃと指摘も受けていた。まあ指摘されたせいで意識もしたわけだろう。たしかに少し体重も増えたので、機会があるたびに身体を動かすよう心がけてもいたが、思い立って朝30分ほどしっかり歩くことを決めたのだ。小説家の村上春樹氏のように走ればもっとよいのだろうが、ぐうたらな私では続かない。何よりシャワーを浴びてゆっくり着替えてから仕事なんて、とても無理のように思う。とりあえず分相応でやればよい。続けることが肝心だ。

で、とにかく朝家を出る時間を30分早めた。職住近接の生活なのでちょっと遠回りするくらいではすまず、短時間のハイキングのよう。初日、とりあえず気が向くままに歩き出したが、寒いのがかえって快い刺激になって、何とも気持ちがよい。早足で10分も歩くと、身体もあったまってきて、気分上々で事務所に着いた。どうして今までやらなかったかと悔やんだくらい。

まだ一ヶ月未満だし、毎日のコースはまったくバラバラ。家を出て適当に歩き出し、腕時計で15分を目途に引き返してくるだけ。小さな発見はそのつどあるが、晴れた日には東西に歩かないと、冬の低い太陽高度では日当たりが悪いというのは一昨日の新発見。もちろんそう思った瞬間、西に歩き出していて、考えていたコースとまったく違う道を行くことになった。でも意識したおかげで日の光がとても気持ちよかった。

まあ、とりあえずの報告はこの辺で。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

週末はお世話になりました。またご心配おかけしましたことをお詫びします。
翌日は計画どおり奈良へ。
新薬師寺を主に、元興寺(世界遺産)、志賀直哉邸、奈良ホテルと奈良公園をぶらぶらしながら3時間ほど一人歩きを楽しめました。さすがに薬師如来を中心とした十二神将(一体は昭和作)は圧巻でしばらく御堂の中で見惚れてしまいました。
しかし出張ついでに奈良京都の古寺神社を見学できるのは、役得でいいもんですね。引退するまで有意義に活用しようと思います。
それでは、また次回。仕事頑張ってください。

大平 | URL | 2011年02月28日(Mon)13:02 [EDIT]


こちらこそありがとう

ここへ書いてくれたんだ。最近書き込みしていないので見過ごすところだったよ。でも予定通りに休日の奈良行きも充実した散策だったようで何よりでした。

あとで十輪院を紹介するのを忘れたと後悔した。会う前に思ったりしていたから。元興寺の近くだからぜひ寄って欲しかったな。小さな尼寺で、奈良には珍しいような古くてシンプルな住宅風のお堂。これなら素直に現代に伝統のエッセンスを受け継いで行きたい、と思わせられるような静かで端整なたたずまい。そこに奈良風の素朴で骨太なところがほのかに加わって本当にすばらしい建築だ。自分にもいつかこんな住宅ができればなあとあこがれるようなところがある。建築にはあまり興味がないかもしれないが、味わうことができれば古都奈良のイメージが少し変るかもしれない。まあ、また次回にでもぜひ。

あと仏像がターゲットのようだが、自分が思い浮かぶものとしては、まず三月堂の日光・月光。興福寺では、阿修羅など国宝館のは見てるだろうから北円堂の無じゃく・世親。西へ移って、唐招提寺のトルソー。薬師寺では東院堂の聖観音。そして南下して法隆寺の百済観音、中宮寺の弥勒菩薩あたりかしら。
でも大昔に見たきりで、私は今はもっぱら建築を見るために行くので仏像と対面するようなことはほとんどない。まあ避けていると言った方が正しいだろう。昔の感動を中途半端な見方でこわしたくないという思いがあるからだが、最近こういうのはあまりよくないんだろうなと自分でも思う。せっかく行っているのに余裕がなさすぎるね。

松田 | URL | 2011年02月28日(Mon)21:54 [EDIT]