FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

春よこい

今日もまた寒い一日だった。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があって、毎年、本当にそうだと感心するのだが、今年は、関西の春を告げる「お水取り」はもちろん、彼岸まで終わったのにどういうことだろう。今日は仕事で朝から千里まで行っていたが、雪がちらついた。地震に震え上がった人々の心が、今なお上空に凍てついているかのようだ。福島の原発はまだまだ予断を許さないような状況だし、汚染の進行も底がしれない。TVでも震災関連は辛いニュースが多い。

下は今朝の電車の中で、久しぶりに開いた岩波新書の「芭蕉句抄」で心にしみた句。これがこんなにひびくときが来るとは本当に思ってもみなかった。「子におくれたる人の本(もと)にて」という前書きがついている。

しほれふすや世はさかさまの雪の竹

でもその中で、静かにしかし確かに春は始まっている。朝のウォーキングでは、ユキヤナギ、モクレン、ジンチョウゲなどはいつのまにか満開に近い。下は今朝、千里で撮った写真だが、おそらくモモの花だろう。空の青色が目にしみるようだった。
北千里の桃の花
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます