FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

詩仙堂と芭蕉庵

今回も建築見学会の続き。

曼殊院を出てから歩いて南下。次の目的地「詩仙堂」に向かう。ここはほとんどの人が来たことがあったが、一人どうしても見たいというメンバーがいて、立ち寄った。TVの番組を見て行きたくなったとのこと。やはりTVの影響は大きい。今までの記憶では、庭以外にあまり印象がなかったが、今回は建物にもゆっくりと対面してきた。実は現在、伝統建築を手がけているからか、古建築に対する向い方というか見る精度が、昔に比べて格段に上がってきたような気がしている。

詩仙堂2011
さて建物は昔のひなびた住まいそのままのような数奇屋普請だが、庭への面し方など、さすがにいろいろと考えてあることが分かる。庭から見ると屋根も単純ではなく、上階に見晴らし場のような部屋もあるようで、隠れ家のようで面白く、いつか特別拝観でもしてくれないかなと思って見ていた。

詩仙堂を後にすると古建築はお終いのはずだったが、すぐ近くに「芭蕉庵」という茶席があるので寄ってみませんかという提案が出た。「金福寺(こんぷくじ)」というお寺で、入ることにしたら、なかなか興味深いところだった。
芭蕉庵-1

それは俳人で画人の与謝蕪村(よさぶそん)ゆかりの寺だったからで、彼と仲間達で、荒廃していた敬愛する芭蕉ゆかりのこの茶室を再興したという記事も、そういえばいつかどこかで読んだことがあったのを思い出した。芭蕉も滞在したことがあり、蕪村の墓もこの寺にある。ただ本坊に展示してあった蕪村の書画や、昔誰かの小説で読んだことのある幕末の村山たか女の事蹟などに気をとられ、わたしは墓の存在を知らぬままに出てしまった。あとで一人に聞かされてちょっと悔しい思いをした。
芭蕉庵-2

この後南下して京都造形芸術大学のキャンパスを見学し、あとは今出川通りを西に、百万遍の交差点付近で打ち上げ(反省会?)をやって予定は無事終了。
途中、造型大学を出たあたりで激しい雨になり、ぬれねずみになったが、打ち上げが終わった頃にはすっかり雨も上がり、夜風に吹かれながら帰途についた。記念に蕪村の句をあげておこう。

四五人に月落ちかかる踊(をどり)かな
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます