FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

ソテツ

ソテツ
今日、歩いている途中で撮った写真。タイトルはソテツとしたが、卒業した中学校の中庭にあったソテツはもっとずんぐりしていたように思う。桂離宮や二条城にもあったように思うが、大きくはあってもこんなに高くはなかった。せいぜい写真の右側のくらいではなかったか。ここは産婦人科の病院で(そこに用事があったわけではない。通りかかっただけ。念のため)そんなに広い庭ではなさそうだが、廻りに高い建物がなく(手前も駐車場)、日当たりは抜群で、他に高い木もないので悠々と育ったようで、あたりを払う偉容がなかなか見事で写真に撮った。

ソテツかどうか不審だったので、帰ってからWEBで調べてみたが、やはりよく分からなかった。まあ大体この手の樹木は、仕事で植えるような機会はなかったし、中学校の中庭にあったのが、姿形もなかなかもの凄く、ただでさえ狭くて暗い場所を占有していて、全体に陰鬱怪異(いんうつかいい)で、あまり良い印象は残っていない。嫌いすれすれくらいに、好きな樹木ではなかったということだ。だから、同じような種類としてシュロやヤシなどもあるが、南洋風の樹木というくらいで、ほとんど区別ができない程度の知識しかない。

調べると、ソテツはソテツ科で、ヤシ科にはシュロも含まれる。葉の形からシュロではないと思ったが、ソテツでないとしてヤシ科に適当なものも出てこない。とりあえずの結論はやっぱりソテツ。でも左側のはすっくと立ち上がって葉振りも大きく、「亭々」という形容をしたくなるくらいになかなか男前の姿をしている。ちなみに雌雄異株(しゆういしゅ)なので、男女の別はあるが、これが果たして本当に雄かどうかは知らない。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます