松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リヒテルとひろ作

久しぶりに音楽の話を。

今聴いているのは、ヘンデルの協奏交響曲。カラヤン-ベルリンフィルのもので、昔から好きな曲と演奏だ。かけたのはCDで3枚組の二枚目。このところあまり音楽を聴いている時間はないが、ここしばらくはこれを出して時々かけている。やっぱりいいなと思ってここに少し書く気になった。

CDで聴くとなると最近はなんとなく、大好きなモーツァルトも含めベートーベンなどロマン派以降の曲はあまりかけなくなったように思う。これらは生で聴くなら今でももちろん大歓迎なのだが。で今も、CDで限定するとしたらバッハとヘンデルの二人だけでもいいかもしれないな、などとぼんやり考えていた。

閑話休題
音楽のことを書こうと思ったのは、もう一つ理由があって、先週の日曜日京都へ出かけた。目的はエジプト考古学者の吉村作治氏の講演会が京都駅近くであって聞きに行ったのだ。テレビでも有名な人だし、さすがに話はおもしろく、業績には目をみはるようなものがあったが、多少残念だったのは学者という感じがあまりしなかったことだ。最後の「狛犬はスフィンクスです!」というオチには、口があんぐりあいたままになった。

さてそれから四条まで足を延ばし、いつもの先斗町のひろ作へ。滋賀の石山にいる息子も合流した。飲んでいてふと目をやるとカウンターの中の棚に小さな額があり、アルファベットの文字で書いたサインが入っている。珍しいなと思って聞くとなんとピアニストのスヴャトスラフ・ リヒテル氏のものだというのでびっくりした。手元で見せてもらい、サインの日付は忘れたが最後の来日公演のときと言うので、今調べると1988年のことだ。73歳で、10月23日に京都公演があったので、そのときのことだろう。

京都の花街もバブル崩壊後大きく様変わりして、先斗町のひろ作も昔からは客層が大きく変わったが、以前は有名人もかなり来た店だ。華やかだったころはそれほど知らない私も雑誌やテレビで見る画家や作家たちなどと同席した覚えがある。でもこの店はサインはもらわないことにしていて、今まで誰からももらったことはないが、この時だけは行きがかり上書いてもらうことにしたとのことだった。まあ花街の矜持ということもあるのだろう。今までどこにあったんやと聞くと、いつもある「ピンちゃん」の肖像画の下に隠してあったとのこと。聞いてからちょっとため息が出た。

ついでにひろ作のこぼれ話をもう一つ。二年ほど前になんと指揮者の小澤征爾氏が来たとのこと。二人連れで、もう一人は作家の村上春樹氏。まあ小澤氏はテレビでも顔が売れているし分かったのだろうが、村上氏となると顔はファンの私でもあまり知らない。会っても分からないだろう。小澤さんが飲みながら一生懸命ほのめかして、ようやくせっちゃんにも分かったらしい。「ノルウェイの森」のことを話したとのこと。

まあこのときは「つて」で来たわけではなく、たまたまぶらっと入ってきただけのようだったが、狭いだけに京都は本当に奥が深いと痛感した次第。

追伸
小澤氏のことでは自分も少し思い出がある。東京時代、西荻窪に「グレル」という飲み屋があって、時々行った。小さいながらそこも作家たちが出入りするような店だったが、あるとき年配の女性たちのグループが座席で飲んでいて、私はカウンターでウイスキーをなめていたが、あの人が指揮者の小澤さんの妹(姉?)さんよと教えてもらってそれとなくそっちを見た。どの人かと言うまでもなく、指揮者の小澤さんそっくりの女性がいた。なんとも特徴的な顔立ちで、女性としてまずい顔とは思わなかったが、さすがにここまで特徴がはっきりすると、いろいろ面倒かもしれないなと思ったりしたのを覚えている。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

昨年、台湾にいく機中で、隣に座ったきれいなお嬢さんが、早稲田の大学院で、吉村先生の弟子ということでした。現地調査にも行かれたそうです。ピアノも弾かれるといくことで、話に花が咲き、ピラミッドの近くで尺八を吹いた動画をお見せした次第。

「ひろ作」壁だけでも塗りなおすのは、かなわないのかな…

湊山 | URL | 2014年08月04日(Mon)10:27 [EDIT]


トラブルで他の場所でコメント返しをして失礼しました。
何とかなおってコメントできるようになったが、迷惑コメントの設定を消した。どうやら自分のホストアドレスが該当していたようだ。正規表現なんて分からないし、たくさんあって面倒で、結局全部消さなくてはならなかった。プロバイダを変えただけでまさかこんなことになるとは思わなかった。

松田 | URL | 2014年08月08日(Fri)19:46 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。