松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東内濠のカモの夫婦

東内濠のカモ20160606

大阪城公園への今朝のウォーキングで撮った写真。場所は青屋門を入ったあたりの内濠。前回に書いたこの濠にいた2羽のペアと同じだと思う。驚いたことに、今朝は岸の手すりのすぐ外にいた。すぐ脇を通ったが以前の東の外濠のペアと同様、まったく動じず、こっちがびっくりしたくらい。ここは手すりの前に植栽がなく、本当にすぐ脇まで近寄れたのでこんな写真が撮れた。

前回に体色が白いオスと書いたのが手前のカモで、外濠のペアのオスとは雰囲気がまったく違うし、身体も多分一回り以上大きい。でもとりあえず今のところ手元の資料では種類不明だ。また分かったら報告しよう。

ちなみに東外濠には今日はカワウが1羽いて、こちらの岸ぎりぎりで泳いだり潜ったりしていた。双眼鏡を手にし三脚のカメラを置いた人もすぐ近くにいたのだが。でも今ごろになって、なんでこんなにみんな人慣れしてきたのか本当に不思議だ。

さて内濠にはもうほかの水鳥は見当たらず、玉造口を抜けて南の外濠へ出ると、今朝は前回の写真で右手の東側にいたカワウの3羽ともおらず。今日はいないのかなと思って南側へ回ると、1羽が同じような場所にいて羽根を広げて乾かしていた。そのときにはまだ東面の方が日差しが強いように思ったが、自分の場所をきちんと定めているのだろうか。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。