FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

桃源郷

桃の花2017-04
今週撮った事務所裏の真田山公園の桃の花。この公園は上町台地から東に下る傾斜地にあるので3段構成になっていて、そのうち一番狭い中段にもう10年以上前の整備のときにハナモモがたくさん植えられた。

時間はお昼だったが、人がいたので東側の南部の景色。なかなか美しいと思いシャッターを切った。西側の上段にある満開のサクラも入れたかったが人を避けると無理だった。でもサクラとモモが同時に満開というのは自分の記憶にはない。やはり今年の冬の寒さのせいなのだろうか。

歩きながら何となく桃源郷という言葉が頭に浮かんできたが、そこから、それは確か「桃花源記」という書物のお話しがもとで、その作者は中国の詩人陶淵明ということまで、するすると思い出した。お話しもあらすじは思い出したが、読んだかどうかは記憶にない。訳書もあるのかないのか。多分、吉川幸次郎氏の要約を読んだだけだろうと思う。

連想はさらに広がり、昔誰かの本で、西欧と東洋の思想家の時代対応について読んで面白いと思ったことがあったのを思い出した。ほとんど東西交流のなかった時代に、巨大な思想家が同じ時期に出たというのがとても印象的だったのだ。ただもう記憶が薄れているし、かなり大雑把な話しというのも確かで、ギリシアのソクラテスに釈迦があてられ、確か朱子学の祖の朱子に対してはトマス・アクィナスだったと思うが、司馬遷には誰だろう?パウロだったか。そして陶淵明の名前も出てきて、彼に対しては、プロティノスの名前はなかったと思うのでアウグスティヌスだったのだろう。まあ、陶淵明つながりでそんなことをとりとめもなく思い出した次第。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます