FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

京都行

昨日は昼過ぎから京都へ。今年、家内のお母さんが亡くなったので、知恩院へ彼岸のお参りが目的。子供たちは結局、二人とも来れず、夫婦で出かけた。10年前に亡くなった義父と合わせて本堂で回向をしてもらった。東山の風景にしばし見とれる。

二人とも朝からあまり食べていなかったので、昼はとっくに過ぎていたが、円山公園の途中で湯豆腐の店に。お酒も少々いただく。

いい気分になって四条通りに出て「鍵善良房」へ。家内のリクエストだがわたしは初めて。黒蜜につけて半透明のきしめん状のクズキリを食べるのだが、深々とした真黒色の漆器に水に溶かした黒蜜が入っているのが、何ともいえないようなシックでエロティックな雰囲気。ちょっとゾクゾクさせられた。まあほとんど入っているのが分からないくらいなのだ。

出てから同じ通り沿いに少し歩き(すごい人)、手ぬぐいの「永楽屋」へ。息子が剣道で面の下につける手ぬぐいを買う。比較的安いもので選んだが、それでも贅沢すぎると思った。まあ家内の手前、あまりそういう意見は言わず。

次は四条大橋を渡ってすぐの先斗町を右折し北上。なじみの「ひろ作」へ。今日の最終目的地。知人で京都TVのTさんにも電話して待ち合わせ。少し早すぎたか、まだ店をやっているせっちゃんはおらず、風呂にでも行ったよう。とりあえずいた人にお酒を頼む。しばらくしてせっちゃんも帰ってきて、お客も増えてくると、Tさんも来た。頭に手ぬぐいをかぶり、いきな中年。来年定年だそうだが、いたって元気。こちらが圧倒されそう。でも普段なら8時か9時には寝ているそうで、だんだんトーンが落ちたが、少しお付き合い願い、楽しいお酒をたらふく飲んで10時過ぎに一緒に店を出た。
知恩院方丈庭

スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます