FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

進々堂

まだ内容も曖昧な部分がありどうなっていくか分からないが、今度はパン屋さんの内装設計の仕事。わたしは初めてなので、とりあえず近辺のパン屋さんを見て回ったりした。だいたいわたしは専門のパン屋さんで買った経験があまりない。喫茶コーナーを持っているところも最近はよく見かけるが、なぜかほとんど入ったことはない。

そういえば、京都に進々堂という老舗のパン屋さんがある。今出川通り沿い京都大学の近くが喫茶をともなった本店・・・と書こうと思ってWEB検索してみると、いわゆる大量生産している進々堂(よく配送車を見かけた)と、この京大界隈のとは別のようだ。まあ、どちらの紹介にも「日本で初めてフランスパンを焼いた」とか書いてあるので、おそらく元々は同じなのだろう。相続時にでも揉めたのかしらと思ったりした。

さて京大界隈の進々堂は、店構え自体が老舗の格調。教わった先生から昔は教授とかしか入れなかったものだとも聞いた。もちろん店がいれなかったわけではなくて、学生などは敷居が高くて寄り付けなかったということだろう。

わたしの学生時代にはもちろん誰でも気軽に入れる店で、製図室での徹夜明けなど、よく朝七時の開店を待ちかねたものだ。熱いコーヒーを頼んで、コッペパンにシーチキンをはさんだもの(シーチキンはあまり好きじゃないのでかえってよく覚えている)もなぜかよく食べたが、絶品だと思ったのはクロワッサン!というか多分生まれて初めて進々堂でそれを食べた。冷たくない記憶があるので、あっためて出していたのだろうと思う。そのためパンと油が柔らかく、皮の部分が破片になって散るのが面倒だが、一気に食べるのがもったいないような気がしたものだ。

あとその家具には触れておきたい。人間国宝・黒田辰秋氏の仕事。在学中一度か二度、店の一画のテーブルとベンチのセットがまるごとなくなってしまっていることがあった。不審に思って尋ねると「展覧会出品のために貸し出しているのです」とのことだった。もちろん黒田氏が何者か、まだまったく知らなかったころのことだが、それを聞いてあらためて目の前のテーブルをながめた。よくできた家具はもしかすると建築より長生きするのかもしれないと思ったのは、そのときが初めてだった。

パン談義が進々堂で長くなってしまった。フランスパンについて書きたいと思って始めたのだが次回に送ります。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

進々堂は、ほとんど毎日のようにその前を通ったけど、なんかそちらの学校のテリトリーのような気がして、数えるほどしか入ったことが無い。
しかし、窓際で、素敵な女性が「辞書」を引きながら勉強している姿を見ていると、すごくそそわれた。中学時代の初恋からずっとインテリジェントな女性が好きだったせいである。(ちなみに、就職してからはそれがコロリと変わり、体が丈夫な女性が好きになった。おかげで、我が家の4年生の娘と2年生の坊主は、そろって皆勤賞を取った。大いに、家計を助けてくれている。)
ちょっと横道にそれますがフランスがらみの話:
ロンドンからトリポリに飛ぶBA便は、「乗客の9割以上が男性で、アジア人は私一人」という場合がほとんどです。待合室も、そこだけどんよりした、何か異様な雰囲気であります。しかし、ひとたび雲の上に出ますと一面の青空で(当たり前だけど)、天気がよければアルプスも見えて、まことに気持ちがいい。
「新しい背広を着て、気ままなる旅にでて、車窓から外を眺めながら嬉しいことを思っている」姿に、自分がオーバーラップされます。もっとも、何が嬉しい話かというと、それこそ、我が家の馬鹿坊主のことやら、大平とタガログ語訛りの英語の勉強に行ったことやら、その程度のことですが。

新平 | URL | 2006年03月31日(Fri)18:55 [EDIT]


ほんやら洞

別にこちらのテリトリーという訳でもなかったが、確かに京大の構内のような位置ではありますね。逆に今出川通りを西に行き河原町通りを越えると、そちら同志社のテリトリーだった。ほんやら洞とかいう有名なフォーク喫茶があったと思うが、なんとなく敷居が高くてほとんど入ったことがなかった。

松田 | URL | 2006年04月02日(Sun)15:46 [EDIT]


「ほんやら洞」はちょくちょく行きました。もはや、フォークはやってなかったけど。
あそこでも、「シゲのパン」という、ドイツ風の麦芽の粒粒がたくさん入った、ウエットなパンを製造販売していて、ちょっと高かったけどおいしかった。進々堂に対抗してたのかな?

新平 | URL | 2006年04月02日(Sun)16:16 [EDIT]


ドイツ風?

パンはやっぱりフランスパンが最高だと思うが、これはまた本文で書きます。

松田 | URL | 2006年04月02日(Sun)17:11 [EDIT]


気ままなる旅

最初のコメントは、長くて後半ちょっと読みづらく見落としていましたが、

「新しい背広を着て、気ままなる旅にでて、車窓から外を眺めながら嬉しいことを思っている」

これは誰の文章かしら?永井荷風?

松田 | URL | 2006年04月02日(Sun)17:25 [EDIT]


朔太郎

朔太郎でした
「ふらんすへ 行きたしと思えども フランスはあまりにも 遠し
せめては 新しき 背広を着て きままなる 旅に い出てみん
汽車が山道を行く時 みずいろの窓によりかかりいて われひとり
うれしきことを おもわむ 五月の朝の東雲 うらわかくさの もえいずる こころまかせに」
なぜか、この詩は暗記してるんですよ。

新平 | URL | 2006年04月02日(Sun)19:42 [EDIT]


文語と口語

そうですか。文語であれば見当がついただろうが、訳していたんだな。何となく流れる感情に覚えがあった。まあ荷風氏が背広なんておかしいとは思った。
朔太郎は私も大好きだが、そういえば東京にいた頃よく行った酒場にお嬢さん(萩原葉子さん)もママの友人で来られていた。お嬢さんと言ってもすでにおばあちゃんだったが体は元気、ダンスに夢中で、何というかひどく落ち着いたこどもみたいな感じだった。
当然というべきか、若い朔太郎のつきぬけるような鋭い情感などそこにあるわけもなく、わたしも店のかたわらでのん気に飲んでいた。

松田 | URL | 2006年04月03日(Mon)20:25 [EDIT]