FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

石井修の建築50年展

一昨日の夕方、前に書いた「石井修の建築50年展」のプレオープンパーティがあった。美建.設計事務所の歴代スタッフを中心に6,70名ほどが集まり、賑やかに展示会のオープンと石井先生のますますの活躍を祝った。

建物は、吉野丸夕林業という会社のショールームで、大きな木造の2階建て。その2階の一部を借りて、模型や実施設計図の製本などが展示されている。ただ模型はまあ誰が見てもそれなりに面白いと思うが、実施設計図となると実際の工事用で専門的な内容も多く、一般の人には分かりにくいかもしれない。それでも一つの建物を作り上げるのに石井先生がどれだけの労力をさいて設計図を書いてきたかということに、少しは驚きの気持ちをもってもらえるのではないかと思う。

見学者としての主要なターゲットはやはり建築デザインを志す人たちだと思うが、石井先生や美建の仕事について少しでも下調べをして知識を持って見に行けば、得られるものが格段に違うと思う。また模型はともかく設計図書というものは短時間で見れるようなものではないので、おすすめは好きな建物を一つ選んでおき、それについて全体を見るようにすることだ。全貌をつかむことができれば、ディテールについても見えるものがかなり違ってくるだろう。

ただ、製本図面は工事中はもちろん、それ以後も歴代スタッフたちが参考にかなりページを繰って見てきており、ぼろぼろになってしまっているのもある。また書いたように一度に見れる量など真剣であれば何冊もないわけで、一度に展示される作品が決まっていてそれが毎月変わっていくことになっている(模型は多分ほとんど同じだが)。

だから好きな建物を選んでとか書いたが、そのスケジュールを知らないとたいへん残念なことになってしまう。まあどこかで発表されるとは思うし、美建.設計事務所に電話をすれば教えてくれるが、わたしの手元にも資料はあるので、ここのコメントに問い合わせなど書いてもらえればお教えします。お気軽にどうぞ。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます