FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

御座の現場

中間検査

志摩半島は御座の現場へ行ってきた。小さな別荘の新築工事で中間検査だった。最も上の写真は東側のアプローチ道路から撮ったもの。左手に水平線が見えているはずだが、露出を上げたらとんでしまって残念。デジカメだから自由になるが、海が見えるようにすると建物が黒くつぶれてしまうのだった。

すぐ上の写真は2階内部の木組。手前が寝室で奥の左側が洗面所、その右が浴室で大きな開口部が右手を正面に広がる海に開いている。手前にも寝室の大きな開口部が右にある(切れてしまった)が、そこから撮った写真がすぐ下のもの。窓枠を入れようとして後ろに引いたために写真ではあまり分からないが、実際はこの倍くらいのサイズで大きな水平線が静かに横たわっていた。本当に吸い込まれそうな景色で、気をつけていないと時々仕事を忘れそうになる。絶え間なく波の音も聞こえているが、それもなぜかそういう一瞬しか聞こえてこないのは残念だった。

一緒に行った施主は、こちらが下で打合せを重ねている間、2階でずーっとその景色を満喫しておられたようで、まあ当然だがうらやましいかぎりだった。一番下の写真は同じ寝室の西の窓の景色(木組みの写真の反対側)。沖にぼんやりと和歌山の山並みが見えている。帰る間際にとった夕景で、西日が雲間にもれて海の奥の一部が光っているのが印象的だった。もうすこし晴れていたときはさらに向こうにもう一重山並みが見えていたのだが、それは大台ケ原のあたりだろうとのことだった。
御座の海

スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

素敵なおうちですねぇ…

おひさしぶりです、ひめです。
お風呂から海が望めるなんて素敵すぎです。
うちの実家も田舎なので、緑の多さでは負けませんが
海まではあまりに遠すぎます…

新平さんも帰国なさっていらっしゃるようですね。
なかなかお忙しいとはおもいますが
お時間があれば京都までの遠征、ぜひご計画ください!
松田さんとご一緒に来ていただけたら楽しさも倍増かと…
おかあさんともども、首を長~くして
お待ちいたしておりますよ。

ひめ | URL | 2006年09月13日(Wed)10:52 [EDIT]


こちらこそ

ひめさん、こちらこそお久しぶりです。ご実家は確か京都西方の町でしたね。確かに海は無理というか、山に囲まれたところでした。山の別荘は昔経験ありますが、海の別荘を手がけるのはわたしも初めてです。

新平氏は多分現在、地中海南岸あたりにおります。ひめさんの思いが届いて、今度こそ関空経由の便で帰ってきてくれるように私も願っています。

松田 | URL | 2006年09月15日(Fri)18:05 [EDIT]


ごめんなさい リビアです

やっぱり今回も、業務の都合上、ロンドン経由成田のチケットを買ってしまいました。そのうち、関空経由に切り替えたいんですが・・・
しかし、こういう家で一杯やれる施主様は、すごく幸せな方ですよね。
千葉・幕張の我が家からも、一応、東京湾の一部が見渡せますが、川崎製鉄の工場やら、東京電力の発電所やら、同じ海でも、まあえらい違いです。

新平 | URL | 2006年09月16日(Sat)19:01 [EDIT]