FC2ブログ

松田靖弘のブログ

仕事とする建築のことや大学で教えている緑のことなどをはじめ、自分の日常の些細なことまで含めて気が向くままに書いていきます。

村野藤吾の住宅

中林邸

この前の休日、久しぶりに京都へ行ってきた。娘の大学の学園祭。ダンスの発表をやるとのことで、 「来ないで!」と言われたが、私の学生時代にはついに行ったことがなかったので、どんなキャンパスか興味もあって、こっそりと行ってきた。

まあその話題はおいといて、帰るときのこと。あたりは東山の閑静な高級住宅地といった風情で、さすがにいい家があるなと眺めていたらはっとした。もしかするとと思って門の近くまで行くと間違いない。村野藤吾氏作の和風住宅だった。氏の作品集で昔、嘗めるように見ていたあの住宅だ。

建築家の作品でも住宅となると何らか発表はされていても、プライバシーの問題があって所在はほとんど記されていない。だから京都にあるというのも知らなかったし本当に驚いた次第。月並みの表現だが、昔あこがれたスターに街角で突然出くわしたような感じ。

隣に新しい住まいが建っていて(これは残念ながら普通のもの)、こちらは今は普段はあまり使われていないような感じだった。でも今でも残っていて出会えただけでもうれしかった。できれば文化財にしてもらってずっと残り、いつの日か中も拝見できるようになればよいのだが・・・。それだけの価値がある建築だと思う。
スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

こんにちわ。

この間は「学園祭の帰り」だったのですね。
おつかれさまでした。
実はあの前日、例の名古屋二人組がお店にいらっしゃっていて「最近、松田さんにお逢いしてないなぁ~」ってしゃべっていたトコロでした。
お忙しいご様子ですが、息抜きを兼ねてどんどん京都まできてくださいね。

ひめ | URL | 2006年11月10日(Fri)10:10 [EDIT]